美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2020-12-25美術館 Museum

角川武蔵野ミュージアムは、刺激的で新しい文化複合施設だ。

つい先日行ってきました、以前からとても注目していた「角川武蔵野ミュージアム」へ。
オープンしたばかりで、場所も自宅から近い東所沢。

 

実はここの館長:松岡正剛氏は何かとユカリのある人なのです。僕が学生だった頃、愛読していた『遊』という伝説的ともいえる雑誌の編集長だった方。講演会にも足を運んだぐらい。

 

そっか~、今こんな事をされているんだなあ、と。

 


巨大で斬新な建物だ。

 


「水に浮かぶ巨石」がテーマだという。

 


入ってすぐに目を引くのが、プロジェクションマッピングの一角。

 


そして館長自らが監修したという「ブックストリート」。本の息遣いや賑わいが感じられる空間だ。

 


9つの文脈に沿って、2.5万冊の本が並ぶという。

 


更に奥には、高さ8mの巨大書架がある。これは凄い迫力だ。ここにも5万冊の本が。

 


30分おきに、プロジェクションマッピングも。

 


そして荒俣宏氏が監修した「ワンダー秘宝館」。

 


特に前から興味津々だった、この透明標本のコーナーが充実していた。

 


こちらは館内にあるカフェ。

 


そして隣接するサクラタウンという複合施設。飲食店やホテル、書店等が入っている。
こちらも斬新なデザインだ。

 


更に、すぐ隣りの樹林パークも施設の一部。例のチームラボがプロデュースする「どんぐりの森の呼応する生命」という、デジタルアート空間も。

 

 

 


イメージ的には、宇宙生命体の卵のよう。

 


最後に、夜のイルミネーションで締め。

 

平日にも関わらず、多くの人が訪れていた。ネット社会と言えど、やはり「本」の持つ魅力と普遍性を改めて感じる事に。

 

ワンポイント
施設内には、他にもギャラリー、アニメミュージアム、武蔵野回廊、図書館、レストラン、ショップと、色々入っています。一日かけて楽しめますよ。是非。

 

公式サイト【角川武蔵野ミュージアム】

 

感想・お問い合わせ