美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2020-09-20高原&湖沼

ペパーミントの風を感じる時♪ 【夏の信州・女神湖】


今はコロナ禍で厳しい時だけど、どんな状況下でも「爽やかな風を感じる時間」を持っていたい。
で、今回選んだのは、何回も行ってカッテシッタル女神湖。

 

ここもかなり俗化されてきたけど、その分BUSの便もそこそこ良く、ブラッと行くには色々と便利な所。
標高も1500mあり、ゴンドラで御泉水の山に登れば1800mにもなる。

 

この高さが重要!
高ければ高いほど、高原の爽やかでシルキーな風に吹かれる事ができるからだ☆[゜ー^]

 

実はもう一つ、この女神湖には思い出があるのです。
少年だった頃、父の会社の寮が霧ケ峰にあり、このエリアには夏よく来ていた。
まあ、僕の高原の原点のような所♪

 

ある日、少し足を伸ばそうという事で、当時まだあまり知られていない、この湖に来た事があった。開発される前の原始の湖
湖面には霧が立ち込め、立ち枯れの木が幻想的なムードをかもし出していた。。

 

当時は中央本線の茅野駅から行くしかなかったので、白樺湖の更に奥というイメージ。
(東京から茅野って、けっこう時間がかかるよねっ)
それが今や長野新幹線の佐久平の駅からBUSで行けるので、逆に霧ケ峰よりも気軽に行ける所になってしまったのです。(^_^;)

 

今は無粋にも湖の周囲にぐるりと車道を造ってしまったけど、当時は入り口のボートハウスまでだったような気がする。。
だから奥にある立ち枯れが、ほんと神秘的で良かったんだよなぁ☆彡

 

まあ、それはさておいて、ペパーミントの風を感じる時とは?

 


湖面に朝モヤが立ち込める時。

 


草花が、まだ朝露に濡れていて、細身でシルキーな草が、サラサラと揺れている時。

 


高原の真っ青な空に、夏らしい雲がポッカリと浮かんでいる時。

 


小川のセセラギや野鳥のサエズリに、静かに耳を傾ける時。

 


白樺の林が、高原の詩を奏でる時。

 


そして木立の中で、フッと素敵なペンションを見つけた時だ。。

 


そんなペパーミントの風を感じながら、ホテルのCAFEで一服。(´_ゝ`)y-~~~

 


今はただただ、このサラリとした空気感を感じていたい^^

 


それは、汗をかいたグラスの透明感

 


葉の隙間から見え隠れする、輝く湖

 


そして、弾けるサイダーのような光の粒・・・。

 

さて、体感温度が1度ぐらい下がりましたか?
僕はどんなに平地が暑かろうが、やっぱり夏が好きだなぁ^^
それは高原に行きさえすれば、夏には一年のピークとしての特別な叙情性があるから♪

 

感想・お問い合わせ