美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2020-09-22沖縄(竹富島 etc)

「ヤポネシア」の旅人。【竹富島で南潮庵さんに立ち寄る】前編

これは10年前の12月、石垣島の旅だった。そして竹富島へも足を伸ばそうと。
僕にとっても初めての地。
以下、過去ログを通して、日本にある「南の島」に心をワープさせよう!

 


スッとこの地に立った時、『あ~、なんて懐かしい気分になれる土地なんだろう』と。
車の通らない、静かで白砂が敷き詰められた道。素朴な赤ガワラの家々。。
心地いい陽射し。。。

 


この季節、天気さえ良ければ、思いもかけないほどの「無邪気な青空」を垣間見る事ができる。
それは遥か過ぎ去った、幻のように甘酸っぱい憧憬。そして遠い夏の日の表象。

 


町の中心地にある郵便局。『あ~この感じ! いいなぁ』^^

 


別名、「花の島」と呼ばれるように、そこかしこに見事なブーゲンビリアが♪
この花ほど「南の島」を感じさせてくれる花はない。
ただひたすら華があり、カゲリのない「陽」の花だ。

 


ふと、牛車の気配に飛び上がったシラサギ。

 


さりげなく見ていると、どんどんこちらに近づいてくる。。ん?
普通は一定の距離以上は近づかないはずなのに・・・。
こちらの事など全く目に入らぬよう、岩の隙間のエサを探している。。
もうその距離、1mも離れていない ̄○ ̄;)
ん~、、鳥までもが、この土地特有の「のんびりモード」なんだねぇ^^

 


牛車も、ゆっくりまったり近づいてくる。。

 


水牛クンの頭に付けたハイビスカス。その立派で雄雄しい角との対比が、何とも微笑ましい(^◇^) ちょっと小ぶりだから、女の子なのかなっ^^

 


ポカ~ンとした時間が、心地良く過ぎていく♪

 


「蝶の道」と呼ばれる小道があった。様々な種類が優雅に舞っている。
蝶を見ていると、一瞬で少年の頃に戻ってしまう。。
昆虫の持つ「造形美」というものに、最初に魅せられたあの頃。。

僕にとっては「生命を持つ神秘的なアート」そのものだった・・・。

 


アイヤル浜に出る。造られたものではない「ただ、そこにある浜」 。。
人工物の無い、その限りないシンプルさが心地いい^^

光と海と砂浜と。。

 


そして、幾ばくかの花があればいい♪  それで全てが完結していく・・・。

 

※後編に続く

 

感想・お問い合わせ