美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2020-10-03関東甲信(河口湖 etc)

鯉が民家の間を泳ぐ、しっとりとした蔵の町で。【栃木市】

日常の慌ただしさに疲れ「静かな水のある町を、フラッと散策してみたい」という衝動が、たまに来る。ただ、よっぽど余裕がない限り、日帰りできる「小さな旅」が限界だ(≧∇≦)

 

それで蔵の街・栃木市に、これまでにも何度か行く事に。
今回は以前に行った時の過去ログ。ただ始めて行った時なので、今見ても新鮮に感じる。

 


まずは表通りを。観光地として「造られた」ところは、さっさと素早く通り過ぎて、と。(笑)

 


どんどんdeepに中に分け入っていく。
この街ならではの個性と情緒が、ほんのりと漂いだした。

 


更にス~と頭の中をカラッポにしていく。すると、いろんなものが見えてくる。

 


切り取られた蔵の壁面が、少しずつアートし始める。

 


僕には、年輪によって刻まれた偶発的なマチエールに、
深いメッセージと「美」のようなモノが込められているように感じられるのだ・・・。

 


そして、ちょっと一休み。
コーヒーひとつでも、その皮面に、旅の心を映し出してくれる気がする。

 


町には、ひっそりと流れる川が必要だ。
それが透明で在ればあるほど、「いい町」だと思う。

 


そして更に、ごく普通の民家の間を流れ、鯉がさりげなく泳いでいれば申し分ない。
城跡のお堀、あるいは公園の池では意味が無い。
道端の「そのへん」を泳いでいるからこそ素敵なのだ。

 


家の台所の裏の川に、普通に鯉が泳いでいる街・・・。とてもシュールだ♪

 


鯉とは不思議な魚だ。
その不思議さが何なのかがよく分からないほど、不思議だ。(笑)

 


裏道ではなく、裏川…。妙にワクワクする。

 


そして、こんな白サギが「そのへん」にいた。心がホッとする。


水のゆらぎ は、日々の精神に絶対に必要なものかもしれない。
そういえば土地のおばあさんが、静かにじっと水面を見ていた様子が、実に印象的だった。

 

舟がスッと通り過ぎていく。
そして、夕暮の斜光を帯びた風景の中に溶け込んでいった・・・。

 


すっかり陽が落ちた。残照が街全体を、しっとりと包み込んでいく。
橋のたもとで、ボ~と立ち尽くしていた。

 


ふっと鯉が、夕暮の空間を泳いでいるような気がしたのだ。

 


そして、ポッと心に明りが灯った。見知らぬ街、旅人、さすらい……。
夢の世界に漂っているかのように、それはとても心地のいい時間だった。

 

感想・お問い合わせ