美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2020-11-19美術館 Museum

七色のプリズムの煌きの中に【箱根・ガラスの森美術館】

今回はこの季節にピッタリの、このテーマで。
以前ある人から刺激を受け、ちょっと前にポーラ美術館を中心に箱根散策を。

 

元々は、そんなにはこのエリアは詳しくないのです。
今まで、彫刻の森や千石原のススキ、箱根園の水族館やユネッサンスをポチポチと。。
・・・となると、一泊してゆっくりと温泉に浸かり、2日間で色々まだ見ぬ所を回ってこようと。

 

で、この時はポーラ美術館もスタイリッシュで良かったのだけど、思わぬ収穫が!
それが今回取り上げる「箱根・ガラスの森美術館」。
名前はもちろん知っていたのだけど、単に「ガラス工芸品が室内外に展示されている所」というイメージしか。。ところがどっこい、ここもケッコー良かったのです♪

 

例えば、ディズニーシーは流石に面白い。ただもう誰もが知ってるし、プロモーションにも巨額な資金が投入されていて、あえて僕が取り上げる必然性が余りないのです。。

 

そんな中で、テーマパーク大好き人間の僕ですら初めて。。あるいは、良いのだけど宣伝ベタでレアになってる所を、ここでは取り上げたいなぁ♪
そんな「応援歌」のような紹介の仕方が、僕っぽくて、いいかな、と。知らなかった人には、かなり刺激になるしねっ☆彡

 

いや~、比較的近い所にも、まだまだ余り知られてない面白い施設があるんだなぁと、改めて思いましたよ!☆[゜ー^]

 

では「箱根・ガラスの森美術館」、どうだったでしょう?

 


『あ~、なるほど~、、こういう事だったのか~!』

 

入り口で花を模した、木に施された無数のクリスタルガラスを見て、ちょっと嬉しくなってしまったのです♪
これこそが、「箱根・ガラスの森美術館」の正体だったのだ!

 

それは、周囲の冬枯れた木との相性も良く、とてもエレガンスに感じたのでした^^
この季節に来たのが、正解だったかなっ(^◇^)

 


一粒一粒が精巧に飾られ、見る角度によって、プリズムの反射で様々な色に煌く。

 


降りしきる雪の様でもあり、見方によってインスピレーションを無限に膨らませてくれる♪

 


厳しい寒さに咲く、早咲きの透明な梅の花のようでもあり、、夏の高原を彩る朝露の結晶の様でもあり・・・。

 


園内はこじんまりとしているものの、程好く演出されスッキリとまとまっていて、好印象。

 


透き通った幻の雨降る、どこか見知らぬヨーロッパの街角?
ちょうど、ベネツィアの仮面舞踏会をイメージした貸衣装のイベントをやっていた。
この趣向もなかなかGOOD! 訪れてた人の何人かが、楽しそうに着ていたなぁ^^
最近はほんと、コスプレブームなんだよねっ。

 


「箱根・ガラスの森美術館」はシンシンと静かで、冬の凛とした透明な大気との相性がとてもいい♪ 太陽光をプリズムのように反射する、白昼夢のような光の世界。。

 

それは、よくあるLEDのイルミネーションやレーザー光線とは全く違う、風にそよぐ、もっとずっとナチュラルな煌き。

 

自由に光の色の粒が、大気と戯れている・*:..。o○☆*゚¨゚゚・

 


館内に入ってみよう。

 


中世のお城をモチーフとした、なかなか凝った内装。

 


しばし、ボ~っと、バーチャルな異空間の中に埋没していく。。

 


見事なベネツィアングラスの数々。

 


ガラス特有の煌びやかな光の舞、、迷宮のような構成の造形美・・・。

 


そして暖を取りにCAFEに入る。

 


夕暮近く、森は昼間とは違った静謐な時を迎える。

 


風にそよぐガラスの花一粒一粒が、光のシンフォニーを奏でる.。♦♫⁺♦*゚¨゚・*:..。♦♫⁺♦*
それはちょっと今までに見た事のない、ファンタジックな光景だった^^

 


バーチャルながらも、よりナチュラルに無限の色彩が弾け、そして踊る。。

 


そして陽が完全に落ちると、風も強まりキラキラが増幅され、更なるクライマックスを迎える。
それはイマジネーションの中にある、プライベートな聖夜☆彡

 

こんな夢のような時間も、あっていい♪

 

ワンポイント
この季節、閉園時間が遅くなる「クリスタル・イルミネーション」のイベントは特にお薦め。

 

公式サイト【箱根・ガラスの森美術館】

 

当ブログNAVI コロナ禍で、ますます「ソロ旅」が注目される中、僕はもう数十年も前から、この「ソロスタイル」で自由気ままに旅をしてきました。
そんな旅のエキスを、ここに沢山散りばめられたらいいなと思います。そして見に来てくれた方の、何か、これからの「旅のヒント・キッカケ」になってくれれば、と。

 

「カテゴリー」を上手に利用し、是非気になるページを色々とサーフィンし、見て回って下さいね。ブログ全体を時系列で見るには【ブログ一覧】が便利で見やすいですよ。
基本週一で、日曜日の夕方から夜にかけて新作を入れてます。

 

もしお時間があれば【コンタクトページ】から、この旅のフォト(写真)ブログの感想をいただけると作者としても嬉しいです。

感想・お問い合わせ