美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2021-03-29全国さくら漂流

続・さくら漂流 (地桜~水桜)【上田城址公園】前編・花筏イカダ

今、東京では桜が満開♪ なので、前回の福島の花見山に続いて、同じ年に行った信州の上田がとてもメモリアルだったので、続けてご紹介しますね。
日帰りだったけど、桜に絞った僕の「ソロハイク」の様子がよく出ていますよ。

◇ ◇ ◇

 


前回の福島の花見山では、時期と場所の関係で、「山桜」「昼桜」「夕桜」「夜桜」は堪能できたけど、絶対に触れたかった「地桜」「水桜」「風桜」「月桜」は見れなかった……。

 

ここまできたらどうしても、もう少し極めたいと想い、戻ってから再度リベンジの計画を練った。
当然忙しく、日帰りしか時間は取れない。そこで決めたのが、信州・上田だった。桜で有名な【上田城跡公園】は駅からもほど近いし、お堀で花筏(はないかだ)を見る事もできるし、城下町としても風情のあるいい町である。

 


実はここは一昨年に来てたっぷりと桜を堪能した地。そしてこの時、花の回廊から望んだ半月がとても美しく印象的だったのだ。ただその時は、散る前の満開の桜だった。

 

ならば、かって知ったる地として動きやすいし、この「タイミングの難しい散り際」を見るには申し分がない。しかも水桜を見るためのお堀もあり、風桜を見るシチュエイションとしてもいい、様々な寺もある。

 

電話とネットでいろいろ確認し、天気も前後が曇りのピンポイントの晴れで、まさにこの日、4月20日がドンピシャ!
しかも月齢2.6。……という事は、夕暮から夜にかけての時間帯で、西の空が晴れていれば、鎌のような三日月と、桜のマッチングを堪能できる可能性もある……。

 

~~~そして本当にメモリアルな「桜時間」を過ごす事ができた。今回はギャラリー風に、写真にオリジナルなタイトルを付ける形で。

1)『地桜』は、心の浄化作用。

 

花ビラは、散った後も再度美しく地に咲き、やがて土に帰っていく。

 


霞道 (カスミミチ)

 


雪のように

 


空白の席

 


風道 (カゼミチ)

 


花びらと光の競演

 


芽吹き

 


風のいたずら

2)『水桜』は、艶かな美の表出。

 

水に咲いた花ビラは、ゆったりと動き、更に別の美を展開する。それは圧倒的な「集積の美学」でもある。古来からこれを花筏とも呼んでいる。

 


和のデザイン

 


花時雨れ (ハナシグレ)

 


重ね花

 


マチエール

 


花流 (カリュウ)

 


花鏡 (ハナカガミ)

 


睡蓮(スイレン)のように

 

※後編に続く

 

-PS- 今回は桜がテーマだったので、余り旅の足跡には触れなかったけど、 名物くるみソバを食べたり、日本的情緒のある柳町の酒造所で利き酒をしたり、手造りパン屋さんでノンビリしたり、お寺を巡ってみたり、と。
上田はとてもいい町なので、今度機会があったら町の様子もアップしてみたい。

 

感想・お問い合わせ