美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2021-11-15紅葉ハイキング

秋の龍王峡、色彩の宴(ウタゲ)【三輪流いい旅・夢気分】前編

忙しく缶詰状態。だからこそ、旅心がムズムズとうずく(≧∇≦) ここらで軽く、紅葉を見に行きましょう。
という訳で、今回は以前に行った、一泊での鬼怒川を。その7年ほど前、この少し先の龍王峡へ初めて行ったのだけど、10月でまだ紅葉前の季節。今回は11月。そのリベンジを兼ねて。

 

初回は、そのままトレッキングして川治まで歩き、ホテルの温泉に浸かって、最終の列車で帰るという日帰りコース。なかなかダイナミックで趣のある渓谷だなぁと思ったのでした。

 

では今回は少し目先を変えて、『今、鬼怒川温泉はどうなっているのか?』という好奇心も携えて。
実は僕の中ではずっと、鬼怒川~昔ながらの大型旅館~会社の社員旅行~宴会(爆)といったイメージがあったのです  ̄○ ̄;)

 

現に僕がまだサラリーマンだった頃、まさに社員旅行の一つがここ。。
当然未だにそれが脳裏に刷り込まれ、近くて行きやすい割には、なかなか足が向かわなかったのです。。┐(‘~`;)┌

 

で、今回はTVの「いい旅・夢気分」的な軽いノリで、久しぶりに行ってみましょう!♪
決して、「遠くへ行きたい」的なノリではなく、ねっ(笑)

 

こっちだと、どこか誰も行かないヒナビタ漁村かなんかをそぞろ歩きし、土地の漁師さんに、『おっ、この魚旨そうだねぇ』とか言って、『じゃあ食ってくか?』なんて感じで、しみじみとその土地の旅情に浸るってぇのが似合っているから☆[゜ー^]

 

今回はあくまでオーソドックスな、「いかにも」な旅だったのだけど、、でもこんな軽いノリもいいよねぇ。
まあ僕の場合、旅のスタイルに好き嫌いって全くないのです。一人旅が基本だけど、どんなスタイルでもOK!♪

 


この時は7年ぶりの龍王峡。紅葉のピークからは1~2週間遅れたけど、それでも充分目を楽しませてくれる。

 


青い空と澄んだ水の流れ。白い岩肌と流れ落ちる滝の風情。。やっぱ、これだよ!

 


以前にも書いたけど、『この国は、生物の種類と自然の多様性に関しては世界一』だとの事。
特に木の種類の多さからくる色数の多彩な紅葉の美しさは、まさに世界に類を見ないという。。
それに、こんな鮮やかな水の色も組み合わさると、、ん~、ジャパネスク!!☆彡

 


白い岩肌~針葉樹の緑~黄緑、、そして落葉樹の黄色~オレンジ~赤へと繋がっていく、色彩のコンプリートなグラデーション。

 

一年を一日で例えるなら、秋とはまさにクライマックスを迎える、赤く染まる夕暮そのものかもしれない。。
冬は夜の静けさ。春は夜明けの朝。そして真夏はカミュの狂気としての正午。

 


何故こんなにも美しく真っ赤に染まらなければならないのだろう。。
ナンタラカンタラと科学的に分析できるのだろうけど、今はただその色彩の魔法に見入っていたい・・・。

 


自分が自由に切り取ったところが、お気に入りのタブロー(絵画)となる。まさに、「秋の詩情」だ。

 


滝の清涼なる、ひっそりとした主張。

 


そして岩肌の、時を刻むシュールな造形。

 


光を浴びた赤は、驚きと外に向かう覚醒の色だ。

 


日陰の色彩は、内に向かう、いつか見た記憶の色。。

 


そして光と影のコントラストは、まだ見ぬ夢の入り口・・・。

 


更に今回も念願だった「滝に掛かる虹」が見れた。うっすらだけど、分かるだろうか?

 


その角度によっては、驚くほど強く鮮やかに見れる。それはまさに「幻の夢」そのもの☆彡

 


ここで龍王峡から鬼怒川温泉まで戻り、あの懐かしの(笑)社員旅行でも乗ったライン下りを^^
不思議なもので、その地に立つと、当時の記憶がくっきりと甦る。
『あ~、この川原だ』。。一瞬にして、数十年の歳月が埋まってしまう。

 

それはまた、豊潤な時間への旅なのかもしれない・・・。年輪を刻むってぇのは、けっこういい事だよ!☆[゜ー^]

 


紅葉には、流れ行く白い瀬がよく似合う。

 


それは冷たい冬に向かう、ちょっとオセンチな気分を助長してくれるから。

後編に続く

 

感想・お問い合わせ