美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2022-03-19海岸&シーサイド

サーフィンに特化した町【波乗り街道・一宮サーフストリート】01

春の訪れとともに、ちょっと目先を変えて。今回は、たまに行きたくなる海辺の町を紹介。

 

この一宮は昨年の夏の東京オリンピックのサーフィン会場にも選ばれた程のサーフィンのメッカ。以前に初めて訪れて、すっかり気に入ってしまいました。

 

何編かに分けてシリーズで展開していきます。
──────────────────────────────────

房総半島は大好きな地。かつてTVの鉄腕DASHでやっていた「ソーラーカー・一筆書き」のような感じで、ほとんどの海岸べりを走破してきた。ただ僕の場合は、更にエコ感覚でサイクリングで。

 

起伏の少ない海岸べりを潮風を受けながら走っている時、至福の境地を感じるのだ。そして初めての地では、この先には何があるのだろうと期待感でワクワクする(^◇^)

 

木更津から浜金谷を経由して館山までの内房。そして南房をぐるりと回って、千倉を経由し、その先の鴨川までの外房。更に、勝浦、御宿、銚子・犬吠崎周辺に至るまで、くまなく回ってきた。ただこの九十九里だけは、まだだった。。
前からこの海岸べりを、銚子から大原までの超ロングコースをチャリで走破したいと思っていたのだ。

 

で、今回はその入り口とも言える一宮から程近いサーフストリートを流そうかと。前からサーフィンのメッカだとは知っていたけど、この波乗り街道の存在は、実はこの時の直近で知ったのだ。

 

湘南をはじめ、至る所でサーフィンをしている人は多い。ただこんな風にサーフィンに特化した町があるとは、とても珍しい(@_@;) ちょっと興味津々♪

 


元々サーフィンは、とてもやってみたいスポーツだった。ただダイビングにトチ狂っていた30年間だったので、なかなか機会がなかったのだ…。海岸べりを走ってる時に見るサーファーの姿は、とても絵になるし郷愁を誘う。

 

そして、そんな潮っぽいライフスタイルが、町の景観の一つの要素になっているなんて、なかなか素敵な事じゃないか!

 


これがメインストリート。約6kmぐらいの間に、点々と様々な店が並ぶ。自転車ロードも設けられていて、とても好感を持った。何せ、チャリの横にサーフボードを括り付けて波を捜す、あの土着サーファーの姿が大好きだからだ。

 


こんなメキシカンの店があった。タコスが美味そうで、風の抜け具合も良さそうな、いい店だ。

 


あ~、爽やかな夏の日差し^^ 房総の海は、いつでも夏だよ、夏!

 


おっ、「波乗不動産」かぁ。。英文字は確かにお洒落だけど、こんな風に和文字をスッキリとタイプフェイスしている所がいいねぇ^^
デザインも美しいし、アートディレクターの力量が伺える。( ̄▽ ̄)b

 


実際少し流しただけで、この一宮を気に入って移り住んでいる人々の気配を感じた。

 


潮風の中のライフスタイル。サーファーご用達の瀟洒なアパート。房総フレンチと銘打ったレストラン。。そしてタウン誌も発行していて、町ぐるみでいい環境にしていこうという気概が感じられて、とっても好印象を持ったのだった。

 


太陽と潮にさらされた、風化したような質感が好きだ。それは、ある種のタブロー(作品)。額縁に入った絵画のマチエール以上に心に響いてくる。何故なら、そこには「時間」というストロークも刻まれているからだ。

 


思い思いの意匠を施した店たち。

 


何の予備知識もなく、チャリを走らせて自分自身の目で「発見!」する喜び(^◇^)

 


ここから一宮らしい、ちょっとディープな店を3連チャンで。
これは個性的だなぁ。後ろの木々も、オブジェ的に店の一部のよう^^

 


ん~、、もう何も言う事はない。。ピースマークがはまってるね!(笑)

 


もう何をやっても自由だ。スッキリしたデザインもいいけど、僕はこっち系も大好き!

 


「パタゴニア」というブランドの店もあった。他にもクイックシルバーなど、アウトレット感覚の店も増え始めている。

 

で、このパタゴニア、、とてもユニークでエコな会社ポリシーを持っていて、僕も注目していたのだ。とても店の雰囲気もいいので、今度はじっくりと来てみたい。

 


アメリカ人は、こんな風にフィンに思い思いに書いたり彫ったりするのが好きだという。いいねぇ、このディスプレイ!(´_ゝ`)y-~~~

 

※「02」に続く。

 

感想・お問い合わせ