美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2022-04-03海岸&シーサイド

潮騒が吹き抜けるカフェ『波音』【波乗り街道・一宮サーフst.】03

東南の風が吹く、ある晴れ渡った日、久しぶりに一宮へ行ってみようかと。2年ぶりだ。前回のフラリ旅の続きとして。
この2年という歳月の流れがいい。1年だとそう変わってないだろうし、しかも季節を少しずらしてっていうのが、いいよねっ☆[゜ー^]

 

あの店はどうなってるかなぁ? 新しい店は出来たのかなぁ? なんて想いを抱いて、東京から特急わかしお号に乗り込む。
キッチリ一時間。近いんだよねぇ。しかも空いている車内は絶好の移動式BARだ。もう僕は完全に「呑み鉄派」なのです。

 

忙しい日常にポツンと咲いた「丸一日の自由」という一輪の花☆彡

 

この時は時間がないので日帰り。しかも駅前で借りるレンタサイクルを利用するので、17時には一宮の駅に戻らなければならない。。
ただ、この日は充分の陽気。気分は上々だ。しかも東寄りの風だから、いい波が立つんじゃないかなと期待を込めて。(´_ゝ`)y-~~~

 


昼過ぎまではよく晴れていた。この潮風を含んだ陽射しに当たるだけでも心地いい。

 


海に入っていく、そのワクワクするような独特の期待感は、ダイバーの僕もよ~く分かる。

 


地球の鼓動が創り出す、そのムーブに乗る。

 


そして滑るようにその表層を滑走する。

 


波も時として、とても美しいフォルムを形創る。

 


サーフィンはゲームとして競い合うのではなく、常に自分自身と対峙するスポーツだ。その部分でもダイビングとも共通する。だからこそ惹かれるんだろうなぁ。(^◇^)

 


潮臭いライフスタイルと共に……。

 


そして今回とてもCOOLな店を発見した。前回以降にオープンした店だ。実はこの一宮サーフストリート、一つちょっと残念なのが地理的環境。それは街道がかなり海から離れていて、店から海が見えない事。。

 

でも高台にあるこの店は立地条件が良く、海を見渡せるではないか! テラスの張り出しも、いいムードをかもし出している♪

 


さっそく入ってみる。店内も窓が広く取ってあり、潮騒が聞こえてくるかのよう。店名もズバリ『波音』!

 


テラス席もいい感じで、一辺で気に入ってしまった。(^-^)/

 


サーフィン好きの気さくなご夫婦がやられていて、ラフな手作り感覚がとってもいい。

 


バックに海が見えるだけで、酒ビンが主張を持ってキラキラと輝いてくる。

 


そして極めつけは、このクリスタルなBARコーナーの一角。

 


ハッとした! ん~まいったなぁ・・・。

 


今回は『波音』のこのシーンに、とことんヤラれました。(≧∇≦)

 

※(04)に続く。

 

感想・お問い合わせ