美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2022-04-03海岸&シーサイド

海辺のライフスタイルを求めて【波乗り街道・一宮サーフst.】04

(03)からの続き。

 


『いい店を見つけた!』という収穫感を胸に(笑)、改めてストリートを風のように流す。「いい店」とは、その土地の特徴ある匂いを身にまとっている事が条件の一つだ。

 

それにしても、チャリで移動するサーファーっていいよなぁ。こんなサイクルロードがちゃんとあるだけでも、ここはいい環境だなと思う。

 

ん?チャリで移動するダイバーっていうのもありうるのかな? タンクを買い物カゴに入れてBCをs背負って??・・・無理だ。。(爆)

 

この単純なシンプルさこそが、僕はサーフィンの一つの良さだと思う。ボードと自分の身一つっていうのがねっ。ん~、ただマスク・スノーケル・フィンだけのスキンダイビングなら、その世界の「ライフスタイルのビジュアル」を創ってみる事は出来そうだ。

 

これは新しい発見!( ̄▽ ̄)b

 


そして前回、そのセンスに感心した「波乗不動産」。少し改装されていて、ますますその小粋さに磨きがかかり、惚れぼれだ♪

 


こんなハワイっぽい新しいサーフショップもオープンしていた。

 


「オーシャン・ビジュアル」の匂いっていうのは、確かにある。

 


ここらで、ちょっとティータイム。この一宮、サーファーだけでなく、海辺の環境そのものに惹かれて移住してきた人も多いらしい。

その辺は湘南に近い。僕も鎌倉生まれだから、その気持ちはよ~く分かる。ここは、そんな筋金入りのご夫婦がやっているカフェだ。しばし奥さんと地元談義を。。

 


この土地だからこそ出せる空気感っていうのがあるんだよねっ!(^。^)

 


カフェとは、まさにその空気感に浸る場所だと思う。だから絶対に外気に触れるテラス席が必要だ。

 


潮と歳月が描く、ライフスタイルのマチエール。煌(キラ)びやかな表と相反して、僕はこんな裏側の「さりげないディープな美の世界」も大好きだ。

 


陽が傾むいた頃、また『波音』に寄ってみた。古い建物をリノベーションしたからこそ出せる味・・・。

 


この時間帯になって、いい波が出てきた。

 


さあ、ラストスパート!☆彡

 


こんなシーンを見ていると、不思議と自分も一緒に海に出て行くような気分になるんだよねぇ。

 


そして、「地球の鼓動=波」の事だけを思う存在になろう。

 


そうだ! ライフスタイルは限りなくシンプルな方がいい!!

 


この地球にまったりと溶け込んでいくような、そんな気分の中に入っていきながら・・・。

 

今回再訪してみて、益々この一宮が好きになった。これからもちょくちょく足を運び、見守っていきたいと思う。
次は、夕暮れ時に『波音』で一杯やりたいねぇ(´ー`)v

 

※とりあえず、一宮はこの4編でひとまず完結です。

 

感想・お問い合わせ