美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2022-07-22月光:ムーンライト

浄土ヶ浜は、澄み切った青い光の万華鏡【陸中海岸・前編】

さて、今回は思い出深い陸中を旅した時の事。とてもメモリアルな「月旅」でした。震災が起きた半年前の2010年の秋。もうかれこれ12年も経っているのですねぇ。
改めてアップしてみると、その時の状況が昨日の事のように蘇ってきます。

 

実は、このエリアは初めてでした。日本を代表する荒々しい北のリアス式海岸という事で、一度は訪ねてみたかった所。そしてこんなイキサツもあったのです。
松尾芭蕉が『奥の細道』の中で語っているように、「松島の月まづ心にかかりて・・・」と、月のシーンを一番気にかけていたのでした。。

 

となると、月の探求者?の僕としては、その更に北に位置し、更に絶景ともいえる陸中の浄土ヶ浜で月を見たい!と、思いを馳せたのでした。その念願が、この時ようやく叶ったっていう感じかなっ。

 

東側の月の出しか見れない地形ながら、タイミング的には、十五夜、十六夜、十七夜と、3夜のチャンス。その内、3日目は曇りで無理だったけど、全体的にとってもメモリアルな月旅となったのでした♪

 

1683(天和3)年に、宮古の常安寺の僧侶:霊鏡が発見し、「さながら浄土のようだ」と賛辞した事に由来するという浄土ヶ浜。今回はメインで考えていたこの地の、一日を通した光の移り変わりを、時間軸に沿って掲載してみましょう。

 

一日の流れを分かり易く追ってみたいので、2編に分けて。

 


実際に、その光景を肌で味わう事。それは最高の心の開放に繋がるのかもしれない。。岩の白い肌、独特の形、木の生え具合、白い浜、青い海、その調和がとても個性的で美しい。

 


ポカ~ンとした澄み切った大気の中、日中ですら、ここでは不思議な恍惚感で迎えてくれた。
「浄土」、、ん~、、けして名前負けしてないなぁ^^

 


カヌーとのコラボレーションも、今風で洒落てていい♪

 


近くの展望台に上がってみる。見よ!この鮮やかな海の色!!

 


北の海というと暗いイメージがあるけど、ここはどこか南国のリゾートのよう。しかも南国にはない、色彩と形による独自のイマジネーション。。このシュールな個性がいいんだなぁ。

 


深く濃い北のエメラルド。。浄土のごとく、この色に引き込まれていったのだった。。

 


そしてボートで湾内に繰り出してみる。船頭はウミネコ?(笑)

 


この自然に出来た洞窟がお目当てだった。

 


ここは「青の洞窟」といって、ちょっとあの人気のナポリのそれを髣髴とさせる。

 


青、、それは僕の永遠のテーマだから。

 


更に遊覧船で外海に出てみる。これも名脇役はウミネコだ。


景色の面白さの半分は、この鳥たち。

 


数十分の臨場感溢れる夢の時間♪ 空を自在に飛ぶ白い姿、、なんて優雅なのだろう。。

 


進む船、、波飛沫、、岩山の形、、鳥たちの舞い、、鳴き声、、潮風、、まぶし過ぎる光。。全てがリアルに躍動する!!

 


夢中で鳥たちの動きを追っていた。時間は果てしなく、そして一瞬の幻。飛翔への憧れ。。そして意識は限りなく空白になっていく。。。

 


その束の間の祭りの後、水面の反射光がことのほか美しかった……。

 

※後編に続く

 

感想・お問い合わせ