美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2022-08-21北海道(トドワラ)

夏海道1・駆け抜けた1200km【登別~ニセコ】五色温泉の湯の力

前回の直近の旅:夏の霧ヶ峰と来たら、それに匹敵する位に欠かせないのが夏の北海道。もう、クソ暑い東京を脱出する場としては、定番中の定番だ。これまでに、けっこうロングで様々なエリアを旅してきた。

 

「札幌・小樽・支笏湖の3日間」、「旭川・美瑛・富良野・大雪山の4日間」、「稚内・礼文・利尻・サロベツの5日間」、「釧路・霧多布・トドワラ・摩周湖・屈斜路湖・釧路湿原の8日間」、

 

「登別・洞爺湖・ニセコ・八雲・島牧」の10日間」、「網走・知床・羅臼の5日間」、「函館・大沼の5日間」、「帯広・然別湖の12日間」、「小樽・余市・積丹の7日間」と。

 

北海道には完全にはまっている。何故かって? ヒトクチに言って、ここには「自由と開放とフロンティア」を感じるから。そして、「大らかさと爽やかさと未知数」と。。

 

今回はその中から「登別・洞爺湖・ニセコ・八雲・島牧」の10日間」を取り上げてみよう。

 

それにしても考えてみたら、この北海道、北の海の道と書く。な~るほど~!地球的・大陸的規模で考えてみたら、確かにここは海に囲まれた「巨大な島」。

 

という訳で、この旅のテーマは、『じゃあ、その海の道を、自由に走ってみよう!』だ。宿もその日その日で現地で調達。それに夏に走るのだから、まさに「夏・海・道」。そして、様々なものに触れ、感じ、想うことができた。

 

旅のフォト日記としては、五色温泉や霧の造形等、沢山のテーマが生まれた。ただ今回はコースが特にユニークだったので、初っ端は、日付順にダイジェスト的に駆け足で振り返ってみよう。

 

それぞれ4枚ほどの写真を添えて。個々のテーマは、また追っ付けで。

 

■1日目【千歳~登別→室蘭→洞爺湖】

 

千歳から電車で登別へ。ここでレンタカーを借りて、全ての行動ベースの基点とする。少し見て回りたかったけど、時間が押し迫ってきたので、一路、洞爺湖へ。途中、室蘭の地球岬に寄る。

 

洞爺湖は、予想以上に静かで、透明度のいい湖だった。ここで湖畔のホテルに一泊。もちろん温泉!

 

それにしても、北米一の温泉地帯:イエローストーンを旅してきただけに、この日本の「湯の文化」は、世界一だと思う。なにせ、「犬も歩けば棒に当たる」、「人も歩けば温泉に当たる」っつ~ぐらいに、日本中温泉だらけ。しかも、片っ端から入ってしまうという(笑)

 

夜はここの名物、打ち上げ花火~♪

 


地球岬。日中はそれなりに暑いけど、さすが北海道!吹く風が心地いい^^

 


洞爺湖は、明るく開けた感じのする湖だった。

 


光と水と風と・・・。

 


夕暮は、旅のプレミアムタイム。そして夜と、早朝の夜明け前と。光の移り変わりと共に居ること、これこそ旅の醍醐味♪

 

■2日目【洞爺湖→ルスツ→ニセコ】

 

湖を半周して、一路ニセコへ。ここは、今回、八雲と並んで絶対に来たかった所。高原好きの僕としては、北海道にあって、最も高原的情緒を持つ所だろうと睨んでいたからだ。

 

そして、ピンポ~ン、素晴らしい! エリアの広さと雄大さ・多彩さはピカイチだろう^^

 

そして念願の沼巡り。更に泊りたかった五色温泉。・・・ん~、深い! これは大きなテーマなので、後日。

 


ニセコの駅前。町を綺麗にしようという意欲が、うかがえるなぁ^^

 


最北部にある長沼。ここでの霧の造形と時空は、今回の旅の、最もメモリアルなシーンとなった。後日にワンテーマで掲載したい♪

 


五色温泉の源泉。・・・何て言ったらいいのだろう・・・。ただただ、、深い・・・。

 


風呂も霊気に満ちている。

 

■3日目【ニセコ】

 

この日は、尻別川のラフティングに挑む! 熱い夏の日、この冷たい澄んだ川に飛び込んで泳いだ感触は、何ものにも変えがたかった♪川遊びは、これからもどんどんやっていきたいなぁ^^

 

その日の宿は湯元温泉・雪秩父。ここにある大湯沼の早朝の湯煙浴は、最高!

 


早朝の夜明け前、再度沼へ向かった。今度は神仙沼。幻のように、ただ霧の中に佇んでいた。

 


花も、鳥の声も・・・。

 


夏の日のラフティング。思いっきり漕いで、汗をかいてから、川に飛び込もう!・・・至福の境地♪

 


ヒマワリ畑がこの地に映える^^

 

※夏海道2に続く

 

感想・お問い合わせ