美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2022-12-10水族館 Aquarium

しながわ水族館は、イルカやアザラシに癒される貴重なスポット

首都圏で水族館といえば、葛西を筆頭に、サンシャイン、すみだ、マクセル。ちょっと足を延ばしてエノスイ、八景島。更にはカモシー等が挙げられる。ただ、もう一つ忘れてならないのが、この「しながわ水族館」だ。

 

ここの売りは、やはり屋外で見れるイルカやアザラシ、オットセイの芸だろう。なかなかのモノですよ。それでは見ていきましょう。

 


しながわ区民公園に隣接していて、まさに都心のオアシスといった感じ。

 


まずはイルカから。下と上の両方で見れるのが嬉しい。

 


ここ「しながわ水族館」で毎日行われているイルカのパフォーマンス。迫力満点だ。
では連続ショットで。ジャンプして、

 


クルっと一回転し、

 


その勢いで、

 


バシャーン!

 


更に乗り上げて、

 


ハイ、ポーズ。

 


ラストは見事な大ジャンプ!!

 


オットセイの芸の時、イルカ君が見ている姿が微笑ましい。しながわ水族館はイルカをたっぷり堪能できるぞ。

 


これはアクアチューブ。潜水艦の中に入って、海中を見ているような感じ。

 


差し込む光が美しいなぁ。

 


この展示は品川の海を再現しているという。こういった趣向がいいね。

 


次はアザラシ君だ。手が何ともユーモラスで可愛い。

 


さあ始まった輪投げの芸。

 


アザラシが芸をするとは珍しい。

 


これは「癒しのポーズ」(笑) しながわ水族館ならではだ。

 


では最後に、じっくりと水槽を見ていこう。

 


ハナヒゲウツボは見ていて飽きないなぁ。

 


とてもシュールで造形的だ。

 


イワシの回遊は迫力満点。

 


かなり強面(コワモテ)のオオカミウオ。

 


幻想的なイソギンチャク。

 


タツノオトシゴはメルヘンチック。

 


ラストはクリオネで〆よう。

 


しながわ水族館、小粒ながらもピリリと辛い。そしてイルカやアザラシがとても充実している。ちょっと目先を変えて、たま~に行くのにとてもいい水族館だ。

 

感想・お問い合わせ