美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2020-09-26テーマパーク Park

ムーミン・バレーパーク、フレッシュ体験記【飯能市・宮沢湖畔】

体験記【日中とロケーション】(前編)

 

改めて、ムーミンの世界観に興味が。

 


昨年の3月に埼玉(飯能市)の宮沢湖にオープンした、このムーミン・バレーパーク。
知ったのは、わりと最近の事。 『これは面白そうだ!』と(@_@;)

 

ただ、実は「ムーミン」の世界には、これまで余り馴染みがなかったのです。
でもスナフキンやリトルミィなど、個性的なキャラクターが多いなというぐらいの認識は。
そこで今年の1月、冬晴れの心地良い日に行ってきましたよ!

 


思えば、スイスに行って「ハイジ」の世界に感銘し、イギリスに行って「ピーターラビット」に関心を覚えた僕。
本当は、これもフィンランドに行って開眼したかったのだけど(笑)

 

まあそれはともかく、久しぶりに新規テーマパークの出現だ! それも比較的近場に。
この種のパーク大好き人間(笑)としては、これは絶対行かねば!と、なるよね(^◇^)

 

ムーミン・バレーパーク、さて、どうだったでしょう?

 

2編に分けて紹介しますが、まずはとっても気に入っちゃいました。
規模はそれほどでもないのだけど、アイデアたっぷりに丁寧に創られていて、とても好感を持ったのでした。

 

以下、自由にご覧になってイメージを膨らませてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、ムーミンの世界って、大人も楽しめるファンタジーと示唆に溢れていますよねっ☆[゜ー^]

 

敷地として、この宮沢湖に目を付けたのは流石です。 

実はこの宮沢湖、5年前のちょうど同じ季節に行っているのです。
前から気になっていた、まだ見ぬ近場の原生湖という事で。
更に湖畔に建つ、ちょっと洒落た「喜楽里」という日帰り温泉も目的の一つでした。

 

その時の印象はと言うと。。かつて営業していた子供用の遊園地が閉鎖されていて、何だかウラ淋しい感じが……。
ただ環境としては、変に護岸される事もなく、あるがままの自然が残っているなぁ、と。
この後から大規模な工事に入ったのでしょうね。

 

だからどんな風に変わったのか、それを見るのも楽しみの一つでした。
案内によると、幾つか候補地があったらしい。そして最終的に、この宮沢湖に。
その他の候補地、どこだか気になるなぁ(^。^)

 

以下、ムーミン・バレーパークのロケーションです。

 

 

 

 

 


森と湖の国:フィンランドという事から、日本なら志賀高原野反湖あたりが本当はピッタリなのだけど。。
ここは樹木の雰囲気の関係で、どこからどう見ても「日本の里山」だよねぇ(笑)

でも都心からも近いし、変に樹木を伐採せず自然をいじくらないで創られていたのには好感を持ちましたよ。

 

では、こうしよう。ムーミン達が日本の里山(ムーミン・バレーパーク)に、旅をしに来たと思えばいい。
そして桜や紅葉の季節は、なかなか独創的で楽しそうじゃないですか!♪(´ε` )。

 

体験記【インナーと夜の部】(後編)

 

ムーミンパパは、昔、冒険の旅に出たという。。 

 


さて、さっそくムーミンハウスの中に入ってみよう。
ムーミン達の部屋が、原寸大で作られていますよ。

 

 


次に展示館の中。じっくりと資料を見ながら、ムーミンの世界観に触れられます。

 

 

 

そしてムーミン・バレーパークのアトラクションの紹介です。数はそれ程でもないのですが、僕が気に入ったのは、シアター「海のオーケストラ号」。
タイトルのように、ムーミンパパの冒険がテーマ。

 

映像が床にも映し出され、迫力満点!
実際の船や飛行機の大型模型も登場します。4D効果の水しぶきまで(@_@;)
夢が広がり、もう4回も見てしまいました(笑)

 

 

 

これ以外にも、「キャラクターのショー」や「リトルミィと遊ぶ参加型シアター」など、けっこう楽しめますよ!
おそらく入場者数が安定してきたら、このムーミン・バレーパーク、もう一つ二つ、新しいアトラクションも増設されるでしょうね。

 

スナフキンにちなんだモノも登場してほしいなぁ(^。^)

 

ムーミン・バレーパークの夕暮れから夜にかけて。

 

テーマパークは、昼から夜への流れがいいのです。

 


少しずつ夕暮に染まりつつある、ちょっと哀愁を帯びた時間。
そして徐々に暗くなり、明かりが灯り始めるこの「変化」こそ、天然自然のアトラクションの一つ なのかもしれない。

 

そしてここは通年20時まで営業しているので、そこもGOOD!☆[゜ー^]
(その後コロナ禍で、現在は短縮営業になっていますが。。)

 

それにしても、最近のプロジェクションマッピングの技術と表現には目を見張るモノがある。
これがそれで、ムーミンハウスに映し出される、約10分のショー。

 

 

レーザーやスモークも駆使して、なかなか見ごたえがあります。
フィンランドのオーロラを表現しているとの事。

 

そして様々な所でマッピングを駆使して楽しませてくれます。

 

 

ん~、旅の基本は「生のライブ」だ。でも良質であれば、僕はこういう「バーチャルな演出」も好きだなぁ(^◇^)

 

どうでしたか、ムーミン・バレーパーク? 僕も今年中にもう一度行きたと思っています。

 

当ブログNAVI コロナの影響で、「ソロ旅」が注目される中、僕はもう数十年も前から、この「ソロスタイル」で自由気ままに旅をしてきました。
そんな旅のエキスをオモチャ箱のように、ここに沢山置けたらいいなと思います。そして見に来てくれた方の、何か、これからの「旅のヒント」になってくれれば、と。ジャンルが多岐に渡るので、右サイドの「カテゴリー」を上手に利用し、是非気になるページを見て回って下さいね。ブログ全体を時系列で見るには【ブログ一覧】が便利で見やすいですよ。基本週一で、土日の週末に新作を入れてます。

 

詳しい当ブログのコンセプト【ソロ旅の新たな形を】にまとめてあります。
そして【コンタクトページ】からお時間があれば、この「旅のフォト(写真)ブログ」の感想をいただけると作者としても嬉しいです。

 

感想・お問い合わせ