美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2020-10-22カフェ&レストラン

34年の歳月が語る、熟成の物語。【カフェ grass-B・南房総】

ここは前から行ってみたかった所。ようやく先日その機会を得たのだった。
その雰囲気は、まるで建物そのものが生き物のように呼吸しているかのようだ。
その染み一つ一つが発する息遣いに触れる。。

 

やがて、ゆっくりと自分自身の内なる世界に埋没していく……。

 

何か大切な事を語りかけてくる静かなる気配。。
これこそ僕がカフェに求めている本質的な部分ではないだろうか。

 

カフェには、個性的でオリジナリティ溢れる作者のコンセプトが必要だ。
そして時が刻む歴史というディティールも。。

 


その店は丘の上にひっそりと佇んでいた。

 


ヨーロッパを色々と旅したというご夫婦が、34年前に始めたという。

 


では、そのコンセプトを感じながらテラスで寛ぐとするか。
ビールはこのベルギー産の一銘柄のみ。そのこだわりがいい。

 


窓も、それ自体が一枚の絵のように創られていて、一つ一つにセンスが感じられる。
では中に入ってみよう。

 


まず驚いたのは、そのユトリ感だ。

 


全体のテイストは、イタリアの片田舎の開放感をベースに、ポルトガルの内陸部の哀愁を加え、フィンランドの静かなるエキスを数滴垂らした感覚かなっ?

 


中の窓も、壁に架けられたタブロー(作品)のようだ。

 


そして、建物の内部の独創性に度肝を抜かれたのだった。
吹き抜けの高い天窓から、柔らかな光が降り注ぐ。。

 


静かに、あくまでも静かに、紅茶の香りを楽しむ。

 


「人の気配」の余韻が、実に絵になる。

 


深い。この空間は限りなく深い。。

 


更に、全ての小物一つ一つが吟味されていた。

 


カフェとは、やはり本質的に「異空間」なのだ。
そのかもし出す気配と、「美の表出」という概念の中に……。

 

感想・お問い合わせ