美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2021-01-23動物園 Zoo

ピクニック気分で癒される。【横浜・金沢動物園&自然公園】


つい先日行った、この金沢動物園&自然公園。実は遥か昔に一度行った事があるのです。当時はまだ無料で入れる小さな動物園でした。
その後大幅にリニューアルされて、自然公園と一体になったとの事。ネットで見る限り、もう全く別物に生まれ変わったと言っていい。

 

動物園好きの僕(笑)としては、近場の「まだ見ぬ」動物園として、さっそく行かねばと。
最寄り駅は京急線の金沢文庫。そこからバスで12分。

 


これは入り口付近。なかなか手入れも行き届いていて、個性もあるなぁと。こういう創意工夫のアイデアを見るのが大好き。

 


この看板なんか、なかなかアートしてるよね。

 


そのモチーフとなったクロサイ。サイの見せ方って、どの動物園でも地味になりがちで難しいのだけど、この施設のは良かった。サイも生き生きとしている。

 

 


オリックスやキリンも、いい表情だ。

 

この隣が人気のオカピなのだけど、獣舎の中にいて、ちょっぴり残念。。

 


これはワライカワセミ。いや~ユニークだ! 確かに笑ってる(笑)

 


コアラも、ここの人気者。

 


そして一番人気のインドゾウの「ボン」。マンモスを髣髴とさせるこの牙は凄い!
ちょっとビックリしちゃいました(@_@;)

 


今回、一番目を引いたのが、このシロテナガザルの表情。

 


こっちまでマッタリと寛げそう。それにしても何を想ってるんだろうねぇ。。

 


最後に、この地形を生かした迫力ある見せ方には、『お~っ!』ってなりました。ちょっとカナダ辺りの大自然を見てるような。。

 

全体に渡って、独特の新鮮さも感じられる。やっぱり初めての動物園っていうのは、刺激があって、いいなぁ。

 


ここからが無料で入れる自然公園の中。植物区エリアとも呼ばれている。
カフェやギフトショップ、企画展示館を中心に、自然をそのまま生かした魅力のある環境になっている。

 

今の季節は、このスイセンが見頃。陽光を浴びて、晴れ晴れしく輝いていた。

 


この早咲きの梅も。

 

 


ただ今回、この日影の梅に「冬の華」を感じたのですねぇ。何とも言えない、まさに冬ならではの造形と色彩だ。

 


この一体は「夏山」と呼ばれている。遥か町と海を見下ろしながら、素晴らしいピクニック気分を味わえたのでした。

 

いや~、その斜面を利用しているだけにアップダウンが多くて、高尾山に登って降りたぐらいの運動量。いい山歩き(トレッキング)も兼ねられますよ(笑)

 

ここはただ動物を見るというよりは、山で暮らす動物を見つつ、四季折々の自然も愛でるといった感じ。とっても好感を持ちました(^-^)

 

コロナ禍がまだまだ収まらず、なかなか遠出がしずらい現在。。それだけに、こんな風にまだ見ぬ近場でも魅力的な所を、今後も探していこうと思っています。

 

公式サイト【横浜・金沢動物園】

 

感想・お問い合わせ