美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2022-05-17ぶらり首都圏・散策

菜の花の季節の巾着田も見事。そして阿里山カフェでホッと一息

巾着田で菜の花と昆虫たちに包まれる。


前回、熊谷桜堤で菜の花と桜の共演を堪能したけど、今回は高麗の巾着田へ行ってきました。桜は旬が短いけど、菜の花は比較的長く楽しめる。という事で、またあの「圧倒的な黄色」に包まれてみたいな、と。

 


そして決めた地は、久しぶりの巾着田。彼岸花の群落で、今や人気スポットになったけど、僕が最初に行った時は、まだほとんど知られていない素朴な地だった。

 

公園というよりは、ただ農地が広がっているだけで、濃厚な自然が息づいていた。そこで見かけた巨大なショウリョウバッタの姿が、未だに脳裏に焼き付いている。。

 


なので今回のテーマは、菜の花と昆虫達だ。

 


普通にいるアゲハも、「黄色」の中で、ひときわ映える。

 


圧倒的なドリーム感だ。

 


ナナホシテントウも可愛らしい。

 


これはスジグロシロチョウ。この個体はスジがくっきりしていて、造形的にも美しかった。

 


コガネムシの緑の光沢も。

 


この巾着田、昔ながらの小川も流れ、郷愁をそそる景観だ。

 


この水車小屋も。

 


蛇行した高麗川に囲まれたこのエリア。川のせせらぎに包まれる、極上の時間。。

 

予期せぬ「ショカツサイ」の群落にやられた。


ん?何だろう??ムラサキ色の群落が、ホント見事だ!

 

この時はこの花の名前は知らなかったけど、帰って調べたら「ショカツサイ」という花だった。名は中国名で、諸葛孔明がこれを兵士食にしたからだという。

 


その群落は普段余り見ない光景だっただけに、実に素晴らしい。野草が季節ごとに種を変え色を変え、咲き誇る様子に静かに感動した。
作られたモノではない、自然の中で自生する花々に包まれる時が、やはり一番心の底から安らげる。

 

もっともっと花を身近に、そして名前も覚えよう。今回、特にそう思った。今まではどうしても、活動的で刺激的な昆虫ばかりに目が行っていたけど、ねっ(笑)

 


腰を下ろした特等席。

 


目を凝らすと、様々な昆虫達とのコラボを観察できる。

 


軽やかなパープルとイエローの共演。

 

人気店「阿里山カフェ」のテラス席でまどろむ。


今や、この巾着田も人気観光地に。ネットで調べると、色々と魅力的なカフェが出来ていた。その中から今回選んだのが、この阿里山カフェ。

 


驚くべき事に、季節柄だろうか、店内にはイスとテーブルを置かないで、テラス席だけになっていた。オープンエアのカフェ好きの僕としては、開放感のある雰囲気で、とても気に入った。

 


網膜に焼き付いたイエローで、スイーツも菜の花色に染まっていく…。

 


ショカツサイのパープルも。

 


そして日没タイム。陽はどんどん傾き、木々の隙間から差し込む光が美しい。

 

巾着田、久しぶりに来たけど、適度に程好く整備され、とても居心地のいいエリアになったな、と。しかもバスに乗らなくても、駅から歩いて15分という地の利もバツグン。

 

これからも季節ごとに群生する野生の花々や昆虫達を見に、「行きつけの場所」として訪れたい。行ってみたいカフェも、あと4件ぐらいあるしねっ☆[゜ー^]

 

感想・お問い合わせ