美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2020-09-20鍾乳洞&地下空間, 中国(鳥取砂丘 etc)

ジュール・ヴェルヌの「地底旅行」の世界へ。【山口県 秋芳洞】

洞窟の中へ入っていくというのは、一つの大きな「旅のジャンル」だ。
陸上とも水中とも違う、もう一つの地球。そしてかなりワクワクするし、冒険心もくすぐられる。

 

僕の海外旅の原点は、学生の時の3ヶ月に渡る北米大陸横断。
実はその時も、有名な国立公園:カールズバッドの洞窟にも行ったのでした。
そしてそこはアメリカ、スケールが凄かった! 地球が創り出した大聖堂といった趣。
当時で、すでに中にカフェまであったし(笑)

 

そんな訳で、2016年6月の山口周遊の旅の中でも、特別楽しみにしていた秋芳洞。
これまでも岩手の龍泉洞や福島のあぶくま洞など、幾つか行ってるけど、ここは一際個性が際立っている気がした。
例えば「地底旅行」の映画の撮影に立ち会っているかのような。
もちろんここは「リアルな本物」なのだけど、「ロケ現場」を感じさせる光の演出が絶妙で、実にエキサイティングなのだ!

 

他の洞窟は、青や赤など様々な色の光を当て、幻想的な空間を創ろうとしている所が多い。
それはそれでとても良いのだけど、人工的にちょっと創り過ぎている感は否めない。
それに比べて、この秋芳洞は白色光のみ。それも暗いぐらいに必要最小限。。
でもそれがかえって「現場のリアル感」を増幅している気がした。

 

更に道中の半分は地底を流れる川の横を歩くので、その音と臨場感で、気分はまさに「地底旅行」。 「センター・オブ・ジ・アース」の世界だ!
映画だったら、この川の中から恐竜の生き残り:プレシオサウルスが、にょっきりと顔を出すのだけど、ねっ(爆)

 

それにしても少年時代にワクワクしながら読み、映画も食い入るように見たヴェルヌの世界。
これって何かを暗示してるよなっ。これ以外に作品として「海底二万マイル」
「十五少年漂流記」「神秘の島」「月世界へ行く」だよ!
何かこれまで僕が追い求めてきたモノが、そっくりそのままあるじゃないですか!
これに砂漠と熱帯ジャングル、山上湖と氷の世界が加われば、もう冒険の全てがあると言ってもいいぐらい。

 

旅の醍醐味は、やっぱ冒険だよねっ☆[゜ー^]

 


洞窟に入っていく感じがなかなかいい。導入部って、大事だ。

 


洞窟の入り口(出口)が見えた時のインパクトが大好き!
水中だと青い光の世界だけど、洞窟だと緑の光になるんだよね。

 


この写真で「ロケ現場感」って、少しでも伝わります?

 

 


いいなぁ、このゾクゾクするような、垂れ下がる造形の陰影。

 


もう全てを忘れて、自分だけのインスピレーションの世界に入っていこう!

 


「水」が多いところも、ここの良さ。

 


巨大な鍾乳石の柱。

 


百枚皿と呼ばれる、カムッパレのような独特の地形。そして怖いぐらいに神秘的な地底湖と。。
結局、洞窟の中を2往復もしてしまった(笑)

 


最後にもう一方の入り口(出口)には、こんな演出が。
地球3億年をタイムワープするといった演出。これもいい! ここも2往復だ!(爆)

 

感想・お問い合わせ