美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2020-09-17東北(サファリパーク etc)

実録!ホワイトアニマルの謎?【東北サファリパーク】前編


先日、よく行く東部動物公園へ。ここのジェットコースター:カワセミが大のお気に入り。
横揺れが少なく、快適なスリルとワープ感が得られる。
ただ乗ってる時間が短くあっという間に終わってしまうので、この倍あったらいいのになぁ、と(爆)

 

それと毎回目を奪われるのが、ここで飼育されているホワイトタイガー。
世界で最も美しい動物と言えるかもしれない♪
そんなかんやで、今でこそ普通に見れるようになったけど、僕が初めてこの白い動物に出会った時の事に、今回は触れてみよう。

 

2007年4月。それは、福島市の花見山に桜を見に行った時の事。
たまたま目にした1枚のリーフレット。東北サファリパークとある。
「へぇ~、東北にもあったんだ~、サファリ!」

 

元々、動物園は大好きの性分。
それが高じて、ケニアやタンザニアにも野生動物を見に行った経緯もあるぐらい。

 

それにしても、このリーフで目を引いたのは、白いトラとライオンの写真!
この施設内で飼育されているという。。

 

印刷された写真をまじまじと見つめた……。
白いトラもライオンも、1点のくもりもなく確かに白い。
何かとてつもなく高貴なもののように感じる。
世界にも僅かしか棲息していないとも書かれている。

 

野生動物の中には、生まれつきの白変種やアルビノで、白い個体がほんの僅か生まれることは当然知っている。特に「白虎(びゃっこ)」などは、古来から高貴で希少価値のあるものの象徴のように、日本人の中に定着しているぐらい。
でも実際に生きている実物を見たという経験は、この動物好きの僕ですら、当時はほとんどなかったように思う。

 

「こ、これは行かねば!!」

 

しかもよく見ていくと、この東北サファリパークは、「白」に徹頭徹尾こだわっていて、他にも、白いシマウマ(???)、カンガルー、タヌキ、ワニ、ニシキヘビなども飼育しているという。。
以前には白いチータもいたらしい。
よっぽど館長が「白好き」なのか、異常に「白の収集癖」があるのか……。

 

ただホワイトパークと言う白動物コーナーには、ユキヒョウや白フクロウも混じっているので、「おいおい、それは元から白いよ!」と、つっこみを入れたくなる「のん気さ」だ(笑)
(もしかしたら普通のシロサイがいて、これは白いサイです・・・な~んて事はないよね?爆)

 

でも、この辺がいいんだよなあ、東北は♪ 以前秋田へ行った時に見た、泥火山探勝路。
その中の真っ白い沼:湯沼のインパクトは、K-1戦士のピーターアーツのハイキックをもろにくらった程の衝撃だったし。。
(分かりにくい人には、レイセフォーのブーメランフックをくらった時と置き換えよう。
ん?・・・同じか~?(笑)

 

でも地元ではそれがどれほど凄いものなのか??よく分かってない気がする。
のんびりしているので、ほとんど宣伝もしていない。。
いや~いいなぁ、こういうところ^^ 好きだなぁ♪ ビバ、東北、泥火山!!

 

で、これに準ずるように、、もしかしてこのホワイトライオンあたりは、まさにあの、故・手塚治虫の永遠のアニメ、ジャングル大帝に出てくる百獣の王・パンジャとレオのように真っ白なのでは!
おーっ!ほんとか~?!絶対見たい~!!!

 

ここで余談だけど、僕自身も「白」にはかなりこだわりがあって、少なからず「縁」があるのだ。
生涯をかけて発見しようと思っている未知生物の一つが「ホワイトマンタ」!
しかもこれは白変種やアルビノではなく、正真正銘の「新種」であるらしいという事までは分かっている。
ただ今はなかなか忙しくて、調査は全く進んでいないのです。。

 

メルビルの「白鯨」の古典を出すまでもなく、白い特殊で巨大な生物はそれだけでロマンなのだ!♪
遥か外洋に棲息し、インドネシアのサンガラキやスンバワあたりの海域を中心に、僅かな目撃例があるというこの白いロマンのホワイトマンタ。

 

それに対して、福島の郡山の先にある二本松という駅から車で20分という、人知れず?ある、サファリにいる白い動物達。何か共通項があるなぁ^^(ないか?笑)

 

ただこっちの方は、白変種かアルビノであることは最初から分かっているし、行けば必ず「何か」は居るわけで。この違いは大きい。(大きすぎるぞ!爆)

だから僕にとっては「ホワイトロマン」の予行演習のように、「調査」してみようと思ったのでした♪

 

まずは行く前の下調べ。
即刻東北サファリパークに電話をしたところ、なにやらやる気の微塵も感じられないオバチャンが電話口に出た。

 

『あの~、そちらに居ますよね?白いトラとライオン?』
『え~、まあ・・・』 ん?なにやら妙だ。。
『リーフレットを見たんですけど、ほんとにこんなに白いんですか?』
『あ~、それは印刷物だから・・・』 い、印刷物だからって、おいおい(苦笑)
『でも実際もこんな感じですよね?』
『・・・ほら、動物って汚れるでしょう?・・・だから・・・』 よ、汚れる??

 

じゃあ何かい?手塚治虫はよりリアル感を出すために、パンジャとレオを少し汚して、クリーム色ぐらいにすべきだったって事なのかい??
・・・謎だ。謎が謎を呼ぶ。。こうなったら、何が何でも行くしかない! 行ってこの目で見てみない事には・・・。

 

そして、この「謎の白トラ・白ライオン、ほんとに白いの?調査の旅」が、この時、1泊2日で決行されたのだった!

 

まずは、東北サファリパーク、けっこう楽しめたな~♪  

 

面白い!アイム、フル!トゥーマッチ!!
僕はタクシーで行って、園内でボロボロの車を借りたのだけど、マイカーやレンタカーでなくて良かった~!とつくづく。。
なんせ気性の荒いヤギが、大きな角でゴンゴン・ゴリゴリ車のボディにアタックしてくるわ、擦り付けてくるわで・・・。

 

いや~、いいなぁ、アバウトで、大雑把で、おおらかで^^ これぞ東北!ビバ、サファリ!!
(でも園内の地図ぐらいは作ってね・笑)
そして、巨大なバッファローやラクダやキリン、角の大きな水牛や鹿もどんどん餌をねだりに車に擦り寄ってくる。。

 

まあ長くなるので続きは次回に。今回は「ホワイトロマン」に絞って掲載してみます。

 

【後編】に続く

 

公式サイト【東北サファリパーク】

 

感想・お問い合わせ