美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2020-10-14新・東京漂流

彼岸花の群落と、ナガサキアゲハとの遭遇。【野川公園】

さて、先日行った、小さな小さな旅(笑)
でも、小さくともインパクトは得られるという見本のようでした(^-^)

 

で、この野川公園、初めて行ったのだけど、実はかつて住んでいた実家の近くなのです。
最寄り駅は東小金井。位置的には先日アップした神代植物園の近く。

 

昔からの自然が残り、昆虫たちも多いと聞いていたので、前から気にはなっていたのです。
灯台下暗しでしたねぇ。まさに「東京再発見!」

 


ほ~、なかなかいい川だぞ。コンクリートで護岸されていないし。

 


川と言うよりは、日本の原風景の「小川」といった雰囲気だ。

 


こんな小川が、東京の都心からそれほど離れていない所を流れているなんて、ちょっといいじゃない!(^◇^)

 


今回は、無料で入れるこの自然観察園を中心に。

 


入ってすぐに「ツリフネソウ」の群落が。

 


そこに群がり蜜を吸う、「ホシホウジャク(蛾の仲間)」の動きに、しばし我を忘れて引き込まれる。。
ハチドリのような生態で、この仲間は「オオスカシバ」を中心に僕も大好き。

 


まさにハチのようにホバーリングできる、独自に進化した、とても個性的な種なので。

 


「シュウカイドウ」も、可憐な姿を見せてくれる。

 


おっ!「カナヘビ君」だ。ん~、何て言うのかなぁ、こんな風に生物たちをさりげなく発見した時のヨサゲな気分は。。

 

普段使っていない「気配を察するアンテナ」を張り巡らせている時、脳髄が全く別の次元で心地良く刺激される。これは最高の気分転換になっているんでしょうねっ。
特に日常の、このくそ忙しい情報社会に疲れた時には(^-^)/

 

格言!

 

小さな旅でも、気の持ちようで満足できる(爆)


おっと~、彼岸花の群落だ。へ~、そうなんだぁ。。これも来てみて初めて知ったのです。ここのこれは、けっこう有名らしい。

 


それにしても、この花ほど撮り方によって表情が変わるのは他にないのでは?

 


「陰」の面が強いんだけど、このような「陽」の面もある。

 


茎に陽が当たると、鮮やかなグリーンになって、明るい表情になるからだ。

 


そして結果的には今日のハイライトになった、「ナガサキアゲハ」のお目見えだ!
この蝶は、僕も野生で見るのは初めて。子供の頃からの憧れ だった(@_@;)

 

長崎というぐらいだから南に生息する蝶で、東京では珍しいのです。
でも、距離が離れているので、鮮明には撮れなかったけど。。

 


実は最初すぐ目の前に来て、ピクピクと羽を震わせ、数十センチの近さで密を吸っていたのです。
ただ、初めての出会いと、その大きさの迫力と、余りのイキナリさに、カメラと心の準備ができていない。。シャッターを押したはいいが、ボケボケ(^_^)

 

特に僕のスタイルは、まず肉眼でじっくりと鑑賞してからが先で、その次に写真を撮るので。
「カメラのレンズ」よりも、まずは「心の目」が先だよねぇ。

 

いや~、でもこんなサプライズが待っていようとは……。

 


最後に余韻を残して、この不思議な世界「レッドワールド」で締めくくりましょう☆[゜ー^]

 

感想・お問い合わせ