美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2020-11-12カフェ&レストラン

犬吠崎・風のアトリエは地球が丸く見える丘公園に佇むカフェ。

僕もたまに行く、銚子の先にある大好きな犬吠崎。今回はこの地にある素敵なカフェを紹介してみましょう。

 

最近、益々「カフェ文化」に興味が沸いてきている。それで、たとえば『今、こんな店に行ってみたいなぁ』と想いながら、いくつかイメージを列挙してみると。。

 

その店は緑と花のガーデンに囲まれ、小高い丘の上にひっそりと佇む。広い店内に入ると明るい陽光が降り注ぎ、潮風が吹き抜けていくような爽やかな感覚に包まれる。

 

平日の午後には、地元の人が本を片手に静かにランチを食べに来ていて、ゆったりとしていてセンスもいい。
食事もさりげなく美味しく、窓からは銀色に輝く海を見下ろし、昼間からふっとカクテルグラスを傾けたくなるような…。

 

実はこの条件を、ピタリと満たしてくれる店があるのです(^◇^) 
店の名は「cafe terrace 風のアトリエ」。犬吠崎・地球が丸く見える丘展望館のすぐ近く。

 

まだ4回しか行ってないけど、もう何度も行ってるかのように、印象が強烈に残っている。

 

初めて行ったのがは2002年の今頃だから、もう18年も経つのですねぇ。。なので最近行ったというより、今度また訪れてみたいという気持ちでアップしてみました。

 

こういうのも、いいですよねっ!「行ってきて感じた」というリアルタイムの「旬」はとても大事なことだけど、時間の経緯がイメージを更に熟成させ、『今また行きたい!』と想う、郷愁的な部分も大切だからなぁ♪

 

旅の醍醐味・真骨頂はあくまでライブ。その一瞬一瞬の刹那の中にこそ貴重なインスピレーションが宿る。でも終わってしまえば全て一緒。
旅の余韻は全て記憶の中に仕舞われるわけだから。最近か、ちょっと前か、かなり前か、その違いだけ。。

 

だからこそブログで時空を超え、縦横無尽にその余韻と更なるイマジネーションに浸りたいと思うのです♪(´ε` )。

 

犬吠崎・風のアトリエはミント色に染まっていた。

 


その店の前に立つと空が大きく感じられ、

 


ディスプレイのヨットがいい風を運んでくる♪

 


そこかしこに手造り感覚が溢れていて、

 


丘の上だが、コンセプトは海だ。

 


店内に入っても陽光に包まれ、

 


明るさの中にも重厚さがキラリと光る。

 


差し込む光もインテリアの一部となり、ガラスに反射した風景で不思議なイリュージョンに包まれ、

 


緑風を肌で感じる事もできる。

 


外の景色をたっぷりと見れる席に腰を下ろし、

 


やがて、スッと風が「風のアトリエ」の店内を吹きぬける。。

 


過ぎ去った時間が風のマチエールを生み、ミント風味のスパイスとして、グラスの中に溶け込んでいく。。

 


風の中で味わう創作料理も絶品だ!

 


庭に出て水平線の彼方の風を眺め、

 


風車の形で風を知る。

 


そして、シャコ貝で「風の歌」を聴く…。

 


しっとりと 「風の香り」が漂ってくるようだ。これぞまさに『風のアトリエ』!☆彡

 

来年も、また訪れるチャンスがあるかもしれない。その時には、造りかけだったハーブガーデンは完成しているかな? ヤギ君はまだ居るかな? インテリアに変化はあるかな? 今度は絶対に夕暮時にも行ってみたい!

 

電車の関係で一泊は必要になるけど、僕の密やかな次の楽しみの一つです☆[゜ー^]

 

ワンポイント
※銚子へは東京駅から特急「しおさい(片道2時間)」が出ているので、日帰りでも充分に行って帰ってこれます。更に銚子駅にレンタサイクルもあるので、とても便利ですよ。

 

公式サイト【犬吠崎・風のアトリエ】

 

当ブログNAVI コロナ禍で、ますます「ソロ旅」が注目される中、僕はもう数十年も前から、この「ソロスタイル」で自由気ままに旅をしてきました。
そんな旅のエキスを、ここに沢山散りばめられたらいいなと思います。そして見に来てくれた方の、何か、これからの「旅のヒント・キッカケ」になってくれれば、と。

 

「カテゴリー」を上手に利用し、是非気になるページを色々とサーフィンし、見て回って下さいね。ブログ全体を時系列で見るには【ブログ一覧】が便利で見やすいですよ。
基本週一で、日曜日の夕方から夜にかけて新作を入れてます。

 

もしお時間があれば【コンタクトページ】から、この旅のフォト(写真)ブログの感想をいただけると作者としても嬉しいです。

感想・お問い合わせ