美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2020-12-01城下町&タウン

城下町の秋色を捜して。【喜多方の路地裏】

いよいよ12月。晩秋から初冬に入った季節だ。冬も好きな季節。ただ、時が流れるのが早い、早い(≧∇≦)  過ぎ行く秋も名残惜しい。。

 

という訳で、コロナ禍でそう気軽に旅行もできないし、今回は2007年の秋に訪れた東北の喜多方にワープしてみましょう。

 

この時の計画は、6月にも行っている裏磐梯の五色沼からスタートして、そのまま西の喜多方に抜けるといったコース。

 

今回は喜多方に絞って、旅の中の「秋色」を感じてもらえれば、と♪
10のブロックで、写真中心に綴ってます。

 

 

 


1)「蔵の町」喜多方。ここは前からずっと来てみたかった所。

 

主だった「いわゆる観光スポット」を避けて、自分の「勘」を頼りに、町を散策してみる。
裏道に入り、秋の陽差しの中で「呼吸する町の匂い」を、思いっきり吸い込んでみる。

 

『あー、ようやく来たな~』と。

 

 


2)蔦(ツタ)の絡まる建物はいい。まるで「季節を着ている」ようだ。

 

見よ! この徹底ぶり!(笑)
これは「煉瓦」という喫茶店。ん~、コーヒーでも飲んでいくか~。

 

 


3)更に裏道に入っていく。いいなあ、自動車の通らない道って。

 

「秋の色」ってなんだろう。。もう頭の中はそれでいっぱい♪
「秋色」を捜してやるぞ! そんなとりとめのない事……楽しいねぇ(^-^)

 

 


4)ふと目についたお店。秋色に染まっている。

 

会津の型染めの店でした。何とも素朴で、として決まってるね~♪

 

 


5)喜多方と言えばラーメン? もちろん!

 

まずは超有名店の「坂内食堂」の肉ソバを。
……???、ん~美味しいけど、まだまだこんなものではないはずだ……。

 

その夜、ホテルの部屋で全ラーメン店掲載のパンフレットと格闘。
そしてコピーフレーズと写真と勘だけを頼りに、選び抜いたのがここ「やまぐち」。

 

ピンポ~ン。ここの蔵ラーメンは絶品でした。これまでのラーメン・ベスト10に入るぞ!(笑)

 

 


6)草木は秋を歌い上げ、風が葉と戯れる。

 

そして、冬のかすかな訪れの足音を聞く……。
さすがに東北だ。秋はぐっと短い。だからこそ、より深く秋を感じられるのかもしれない。

 

 

 


7)やがて葉は木から離れ、旅人となる。

 

大地に落ちても色付いた葉っぱ達は、まだまだ何かを語り続ける。
この色の変化をずっと見守っていたい……。

 

 

 


8)もう一つの目的、酒蔵めぐり。ん~、バッチシ!

 

今回3つほどの酒蔵で、見学と試飲をしたのだけど、いいねぇ、喜多方は。
空気感も人柄もスローペースで。
うん、もう最高。再度、見よ! この風格、この佇まい!!

 

 

 


9)その内の1つ、大和川酒蔵。『喜多方に行くならここへ行け!』ってか(笑)

 

ここで年間300本しか造っていない、究極の純米大吟醸「いのち」を飲んだ。
720mlサイズで7,700円。値段も凄いけど、ネーミングも凄いね(爆)

 

く~、人生最高の日本酒かも! ここの利き酒、イチオ~シ!

 

 

 


10)帰りの列車からみる秋色もいい。季節が飛んでいくようだ。

 

今回、本を4冊も持っていったのだけど、車窓ばかりボケ~っと眺めていたなあ(笑)

 

やがて雨が降り始めた。窓ガラスにあたる水滴が好きだ。
雨粒の流星のようなフォルムがいいし、ときに絵画のようにも見えるんだなぁ、これが。

 

そして、おもむろにもう一つの酒蔵・小原酒造で買った酒ビンをとり出す。
ここではモーツアルトを聞かせて樽で寝かせているという。
蔵(クラ)に粋(スイ)と書いて「クラシック」と読ませる。か~っ! これは決まった!!

 

このアイデアと企画力、ボトルのオシャレなデザインといい、かなり腕の立つアートディレクターが絡んでるとみた。同業者として、これには脱帽♪

 

という訳で、いい旅だったな~。まさに伝統が息づいた「クラ・シック」(笑)

 

◇ ◇ ◇

 

この「ブログ旅?(笑)」。行く秋を偲んで、中国地方の「萩」、東北の「喜多方」と続いたので、次回はフットワーク良く、中部地方の「飛騨高山」へと繋げていきましょう(^-^)/

 

感想・お問い合わせ