美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2020-12-18動物園 Zoo

東武動物公園は、冬のイルミネーションの時期がお薦め。

この東武動物公園、それほど近場ではないのだけど、わりと好きでよく行くのです。今回も直近で行ってきたばかり。
動物園と遊園地が合体したところがユニークで、ちょっと他にはない良さがあるのです。

 

それぞれ規模はそれほど大きくはないのだけど、所々に個性と創意工夫があり、けっこう楽しめますよ。

 

特に冬のイルミネーションの時期は、夜8時まで営業しているので、一日たっぷり楽しめます。
通常は4時半ぐらいで終ってしまって、日中だけ。遊園地が俄然いい時間帯って夕暮れ時だと思う。なので、日中、夕暮れ、夜と、まさに一粒で3度美味しいのです(^-^)

 


入ってすぐの広い池。この、ちょっと北欧的なムードが大好き。例えばデンマーク辺りの公園のような、ねっ。

 

では、まずは動物園から。

 


ここの一番人気は、このホワイトタイガー。いつ見ても神々しくて、いいなぁ。

 


元気にジャレあっていたシマウマの兄弟。トリックアートのように、まさに「絵」になるワンショット。

 


アフリカ象の、このまったりとした表情がいいね。

 


ガラスに映りこんだ背景とのバランスが面白い。アフリカの故郷の事でも想ってるのかなぁ。
それにしても、何とも憂いがあって、いい表情。

 


強烈な色彩で、異彩を放つマンドリル。哺乳類の中では特別だ。

 


聖者を思わせるコンドル。鳥だって、なかなかの表情を見せる。

 


そして、お洒落なヘビクイワシ、と。

 


そして最後に人気者のカバ君。何ともヒョウキンな姿だ。

 


『あ~ん、早くおくれ』

 

僕が動物園を好きな理由は、ほんと『ハッ!』っとさせられる表情に出会えるから。そういう発見は何よりも楽しいねぇ。

 

ワンポイント
彼ら以外にも、ここで魅力的なのが珍しいジャガー。今回は寝ていたけどね(笑)
それにヒグマ、シロサイ、ヒクイドリ辺りかな。
動物園はそれぞれ個性があって面白い。今後も色々と見て回りたいなぁ。

 


そして夕暮れ時。
黄昏時のスインガーって、シーンに独特の哀愁があって大好き。もちろん乗る方も(笑)

 


この日は、空がピンク色に染まってくれた。

 


この時間帯の観覧車が、またいい。

 


動物たちも一部、夜も見れるのです。ちょっとシュールな世界。

 


そして、ここがイルミネーションのメインコーナー。

 


映像が3部構成になっていて、巨大スクリーンと音響で大迫力。

 


乗り物もライトアップされ幻想的。この「ゴールデンシップ」は今年誕生したばかり。

 


そして、このいかにも動物園らしい実物大の「ランタン」にワクワクしてしまう。

 


かなり精巧にできているなぁ。

 


これも。

 


もうファンタジーの世界だ。

 


可愛らしくもあり、

 


スタイリッシュで、

 


ストーリー性もある。

 


最後に、帰りの桜並木のイルミネーションが良かった。寒さも忘れてイマジネーションの世界に入っていました。

 

ワンポイント
乗り物としてはジェットコースターの「カワセミ」が抜群。横揺れがほとんどなく、快適にスリルを味わえますよ。ただ、あっという間に終わってしまうけどねっ(笑)

 

公式サイト【東武動物公園】

 

感想・お問い合わせ