美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2021-03-10湘南の鎌倉界隈

湘南の海を望む貴重な海洋施設【新江ノ島水族館(えのすい)】

今回から『何度でも行きたい心の地』という新たな親カテゴリーを設け、これを『湘南の鎌倉界隈』の子カテゴリーに入れます。

 

実は僕の生まれ故郷は、この江ノ島。腰越の海べりの平屋の家に6歳まで住んでいたのです。なので、とても懐かしい「原点」のような地。
寅さんが「帝釈天で産湯を使い」なら、まさに「江ノ島で産湯を使い」だったのですねぇ(笑)

 

そんな地なので、もう何度も行っているのです。でも開発が進み、当時とは余りにも変わり果て、これまでは余り感慨めいたものはなかった。。逆にその面影を南房総の素朴な千倉に見て、そっちの方に幼少期の郷愁を感じていたのです。

 

でも今回、この新江ノ島水族館(えのすい)に改めて来てみて、江ノ島海岸に不思議と何か当時の面影を感じたのですねぇ。これも時が経った事での、心境の変化なのでしょうか。そんな思いを込めつつ。。

 


特急ロマンスカーで新宿から1時間10分。そしてこの片瀬江ノ島駅に到着。ん~、改めて近いんだなぁと。快適な特急を利用する事で、日帰りでも旅気分♪

駅舎も変わったようで、龍宮城をイメージしたのでしょうね。駅舎内にもクラゲの水槽があり、もうすでに気分は海だ!

そして歩いて僅か数分で、この新江ノ島水族館(えのすい)に。

 


入ってすぐに「ジュエリウム」という期間限定の特別水槽が。 「水の宝石」かぁ。この発想、分かるなぁ。
ちなみに【翡翠(ヒスイ)の軌跡の中に】でもこの視点を語っていますよ。

 


そしてメインの大水槽。イワシの群の変幻自在な動きと輝きに、もう吸い込まれそう。

 


下から壮大に泡が沸き上がってくる「舞い上がる泡時計」のショーも。これは素晴らしくエキサイティングな試みだ!

 


その後、トリーターが魚達と触れ合うショーも。

 


アカエイは、どの水族館でもヒョーキンモノだ(笑)

 


このアングル、数多くの海中を見てきたダイバーとしても、とてもリアルでゾクゾクする見せ方で感心しきり。

 


このテングハギ、キャラ立ってるよねぇ。

 


このミニフグも。

 


そしてここの名物:アシカ&イルカショー。江ノ島の海をバックに、明るく開放的な空間。

 


何度見ても、イルカ達の躍動する姿には魅せられる。

 


今回改めて思ったのは、ここの良さの一つが、このテラスCAFEコーナー。


室内を出て、新鮮な外の大気の中、ボ~っと江ノ島の海を眺めているのが、とても心地いい。

 


こんな心象風景的なシーンも撮ってみました。

 


更に、ここのクラゲコーナーも充実している。この天上をミズクラゲに見立てているあたり、グッドアイデア!

 


マッピングも併用し、見せ方にも工夫が感じられる。

 


ん~、クラゲには独特のファンタジックな世界観があるよね。

 


最後に「しんかい2000」のコーナー。日本初の友人潜水調査船の展示。ここも充実していて必見だ。

 


このフラッと日帰りで故郷の江ノ島へのコース。これからも新たな発見を求めて、何度でも行きたいと思いましたねぇ。江ノ島も改めてじっくりと見てみたいし。

 


そして「すばな通り」を中心に、オーシャンテイストで面白い店も沢山。お店ウォッチングも大好きなので、これからも色々と物色していきたい。

 

更に今回の「食」。色々迷った末、カキの浜焼きの特別メニューがあったレッドロブスターに。12ピースも食べられるかなぁ?
ところがどっこい、ペロリと(笑)

 

-PS- 毎週水曜の21時から放送されているBS朝日の『魚が食べたい!』が、最近の大のお気に入り。現地に行って珍しい地のモノを食べる。やっぱり旅の醍醐味の一つはこれだよねぇ。

 

僕もこれまで色々とやってきたけど、この番組の刺激で、今後更に拍車がかかりそうだ(^-^)

 

公式サイト【新江ノ島水族館】

 

当ブログNAVI コロナ禍で、ますます「ソロ旅」が注目される中、僕はもう数十年も前から、この「ソロスタイル」で自由気ままに旅をしてきました。
そんな旅のエキスを、ここに沢山散りばめられたらいいなと思います。そして見に来てくれた方の、何か、これからの「旅のヒント・キッカケ」になってくれれば、と。

 

「カテゴリー」を上手に利用し、是非気になるページを色々とサーフィンし、見て回って下さいね。ブログ全体を時系列で見るには【ブログ一覧】が便利で見やすいですよ。
基本週一で、日曜日の夕方から夜にかけて新作を入れてます。

 

もしお時間があれば【コンタクトページ】から、この旅のフォト(写真)ブログの感想をいただけると作者としても嬉しいです。

感想・お問い合わせ