美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2021-03-02テーマパーク Park

世界一周の、オモチャ箱の中に【東武ワールドスクエア】前編


岐阜旅シリーズはあと2編残ってますが、つい先日行った東武ワールドスクエアを先に。
ここは、もう以前にも何回か行っている、昔からある老舗中の老舗のテーマパーク。でも今回また来てみて、改めてその良さを再認識する事に。

 

まず、何故この2月の寒い時に?
それは平日のライトアップが2月いっぱいで、夜19時半まで営業しているという事。通常は17時に終了。でもこの期間だけは夕暮れから夜にかけても見れるのです。

 

そして鬼怒川駅の一つ手前、施設の目の前にも駅ができて、とても行きやすくなった事。これなら日帰りでも、快適な特急スペイシア号で、ちょっとした旅気分だ。

 

コロナ禍で海外へ旅できない今だからこそ、その欲求を少しでも満たしてくれれば。

 

でも所詮バーチャルなミニチュアでしょ?
いえいえ、イマジネーションと見る視点を最大限に膨らませば、とても楽しめるのです。まさに「歩いて回れる世界一周」といった感じで。

 

ボリュームがあるので2編に分けて。

東武ワールドスクエア、まずは日中から。

 


ここはニューヨーク。水辺のシーンや噴水もあり、とてもフォトジェニック。自然の樹木をセントラルパークに見立てて。

 


思わず見入ってしまうほど、街角の雰囲気があるなぁ。

 


ストリートパフォーマンスかぁ。こうしたアイデアに触れられるのがいい。

 


いや~、なかなか面白い!ニューヨーカー気分といったトコロかなっ。

 


そしてピラミッド。ミニチュアなのに壮大さすら感じる。

 


見る視点を工夫する事で、さながら自分の目線をも投影できる。

 


今回改めて、屋外の施設特有の面白さを感じる事に。リアルな現実の背景とのバランスもいい。

 


このサン・ピエトロ大聖堂なんか、まさにその典型。写真にすると、けっこうリアルで本物っぽいでしょ!

 


まだ見ぬ、ある種の憧れを持っているドイツのノイシュバンシュタイン城。ここでこれを見れるとは嬉しいねぇ。これが夜、どう変化するのか?後編をお楽しみに。

 


おっ、コロッセオだ!

 


一つ一つが丁寧に創られているので、全く飽きがこない。

 


噴水の演出で、更に写真の臨場感を創造してみよう。

 


さあ、東武ワールドスクエア、どんどん見ていこう。実物に迫るアイデアの企画力もあるなぁ。

 


おっとぉ! 本物のヒョウモン蝶も、リアルな演出に一役買ってくれた。縮尺的には25倍の大きさの巨大な蝶になる(笑)

 


世界の色んな所を、いちどきに見て回っている事の面白さ。

 


ここから日本エリア。清水寺かぁ。

 


まさに目線の面白さを味わう感じ。

 


この宮島も。自分が25倍の巨人になったという見方も、できるかもしれないねっ。
となると、だいたい身長42mだからゴジラぐらい。そうかぁ、ここはゴジラ目線なのかぁ(笑)

 


今回特に感心したのが、樹木や植物が模型ではなく、本物の盆栽を使っている所。だから季節感もあり、なおさらリアルさがある。

 

素直に、これは凄い!と思いましたねぇ。
職人さんもあちこちで、細かい手入れをしていました。

 


東武ワールドスクエアの最後は東京タワー。現実の背景とのバランスがいいよねっ。

 

ふと、こんな風に風雨にさらされた屋外だと、さぞ手入れが大変だろうなと思う。台風や大雨の時なんか、ミニチュア人形なんかはどうなるのだろう?と。
職人さんに聞いたところ、やはり倒れたり壊れたりして、そのつど修復するとの事。

 

いや~、その努力だけでも、一つ一つ丁寧に見ていかないと!と思いましたねぇ。

 

【後編の夕暮れ~夜】に続く。

 

公式サイト【東武ワールドスクエア】

 

当ブログNAVI コロナ禍で、ますます「ソロ旅」が注目される中、僕はもう数十年も前から、この「ソロスタイル」で自由気ままに旅をしてきました。
そんな旅のエキスをオモチャ箱のように、ここに沢山散りばめられたらいいなと思います。そして見に来てくれた方の何か、これからの「旅のキッカケ」になってくれれば、と。

 

ジャンルが多岐に渡るので「カテゴリー」ブロックを上手に利用し、是非気になるページを色々とサーフィンし、見て回って下さいね。ブログ全体を時系列で見るには【ブログ一覧】が便利で見やすいですよ。
基本週一で、日曜日の夕方から夜にかけて新作を入れてます。

 

詳しい当ブログのコンセプト【ソロ旅の新たな形を】にまとめてあります。
そして【コンタクトページ】から、もしお時間があれば、この旅のフォト(写真)ブログの感想をいただけると作者としても嬉しいです。

感想・お問い合わせ