美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2021-04-18ぶらり首都圏・散策

日本的情緒に触れる、深遠なる世界の中で【越生・黒山三滝】

今回はちょっと目先を変えて。同じ季節に以前行った、この黒山三滝をアップしてみましょう。

 

場所的には、東武東上線・川越の先の坂戸から乗り換えて越生(オゴセ)へ。(八王子からの八高線でも行けます)
そこからバスで20分。バス停から滝まで徒歩で15分の行程。都心から日帰りで充分行く事ができる。越生は梅林でも有名。奥深い山間の地だ。

 

さあ黒山三滝、さっそく歩いてみよう。

 

まさに深山幽谷。森林の清々しい空気を胸いっぱいに吸い込んで。

 


滝に着くと、橋がいいムードを醸し出していた。

 


上下二段で落ちる様も、なかなか風情がある。

 


これは上の滝壺。

 


例によってノンベの僕は、持参したウイスキーでさっそく「気に入った所が特設BARになる」をやったのだけど、これもいい!

深い静寂の中、強烈な滝の音だけ。水の激しく流れ落ちる形。酒精を借りて、深遠なるハイパーな世界の中に……。

 

ただ、アルファー波が脳から絞り出るような感じで何時間でも居られる「小川のセセラギ」の方が、やっぱBARには向いているかなっ(^_^)

 


この黒山三滝は日本観光百選にも選ばれたらしい。なるほどぉ。確かに全体の雰囲気が小粒ながらもピリリと辛い。

 


犬を散歩に連れてきた人もいたり、

 


こんなお供え物が、さりげなくあったり、

 


印象的な風車があったり、と。。

 


静かに、深く深くマドロミの中に入っていく事ができる。

 


黒山三滝の帰り際に、ちょっとした茶店に寄ってみよう。

 


お目当てはイワナの串焼きだ。

 


今度は日本酒でマッタリと一杯。

 

こんな日本的情緒溢れる「ソロハイク」もいいですよ(^-^)

 

かつてJRが「ディスカバージャパン」というキャンペーンをやっていた。日本をもっともっと知ろうという。
コロナ禍でなかなか海外に行けない今だからこそ「ネオ・ディスカバージャパン」の気分で。

 

公式サイト【越生・黒山三滝】

 

当ブログNAVI コロナ禍で、ますます「ソロ旅」が注目される中、僕はもう数十年も前から、この「ソロスタイル」で自由気ままに旅をしてきました。
そんな旅のエキスを、ここに沢山散りばめられたらいいなと思います。そして見に来てくれた方の、何か、これからの「旅のヒント・キッカケ」になってくれれば、と。

 

「カテゴリー」を上手に利用し、是非気になるページを色々とサーフィンし、見て回って下さいね。ブログ全体を時系列で見るには【ブログ一覧】が便利で見やすいですよ。
基本週一で、日曜日の夕方から夜にかけて新作を入れてます。

 

もしお時間があれば【コンタクトページ】から、この旅のフォト(写真)ブログの感想をいただけると作者としても嬉しいです。

感想・お問い合わせ