美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2021-07-11南房総の千倉

フランス映画とシンクロした宿【ペンション・バードランド in 千倉】

この「心の地:千倉」のカテゴリー、海岸美術館~サンドカフェと来たら、流れ的には次はこれでしょう。

 


ある時、トンボ帰りの日帰りではなく、一泊して千倉でゆっくりしたいなぁと思い立った。それでNETで色々調べた結果、この宿にする事に。
正式名称は『シーサイドイン・バードランド』。大人の隠れ宿的なところが気に入ったのだ。

 


ピンポ~ン、大正解! 玄関に入って、すぐにそれを感じた。ここも前編のサンドカフェ同様「千倉の海のエキス」に溢れている、と。

 

複雑な建築構造の「バードランド」、光の入り方が実に面白い。


テラスやベランダが立体的に変化のある造りになっていて、とても魅力的。限りなく個性的で、なおかつ居心地のいい居住空感。
もはや「宿に泊まる」というよりは、友人の別荘に遊びに来た感覚だ。

 


こんなギャラリーも、建物の一角に併設されている。地元の陶芸作家の作品だという。

 


少し高台にあるため、千倉の海を見事なまでに一望できる。この立地条件に、ご主人が惚れたのも良~く分かる。
海を見下ろせるベランダからの眺めが、特に感動もの! ここからでも、日の出や月の出が見られそうだ。

 


広いウッドデッキは、開放感そのもの! フッと美しいと思ったらイメージを切り取ろう。自然の声や香りを感じるのと同じように、感覚的に、ひたすら感覚的に……。

 


そして2階のテラスに続くこのサンルームが、今回の最大のテーマとなった。内と外が創り出す、風が吹き抜けるようなバランス感覚だ。

 


少しずつ日が傾き、茜色の光が物語を語り始める。それは、ゆっくりと自分と向き合うための大切な時間帯。頭の中は限りなく空白になっていく。。

 


そして驚いたのが、ここバードランドのご主人の、映画・音楽・文学の造詣の深さと収集の多さだ。その中でも、特にフランス映画が大好きだという。しかも、その映画を備え付けの巨大スクリーンにプロジェクターで映せる。まさにホームシアターばりの設備!

 

その夜、ロメール監督の「海辺のポーリーヌ」や「ベティブルー」など、幾つかのお薦めのフランス映画を見させてもらい、改めてフランス映画の真髄に触れる事に。。
そしてまるで映画の中に入り込んだように、緩やかにそしてエキサイティングに、時があっという間に過ぎていった……。

 

「バードランド」のサンルームで、真夜中のまどろみ。


そして翌朝の、まだ暗い内からこのサンルームにこもった。すると、何と天窓から半月が顔を見せたのだ! 思わず照明を全て消し、この贅沢な月光の降り注ぐ中でまどろんだ。それはまさに現実とも夢の中ともつかない、不思議な時空間だった。。

 


やがて日の出前の黎明を迎える。

 


夏以外は寒くて、なかなか屋外だとこのシーンの中に長時間は居られない。でもこの日は、このサンルームが強い味方になってくれた。素晴らしい居住空間、そして建築設計!

 


やがて太陽が顔を出す。朝もゆっくりと、ゆっくりと訪れるのだ。。

 


短時間でもぐっすりと眠れた朝、ご主人が丹念にコーヒーを淹れてくれた。思わず唸りたくなるような、こだわりのトラジャを。
そして光がマドロミと遊び、潮風が海のイメージを結晶化していく。。

 


朝食も奥さんの心遣いがよく出ていて、とても美味しい。

 


ここ「ペンション・バードランド」は何度でも、そして千倉の海に浸りたくなったら、ふらりと訪れたい宿だ。
どこかノスタルジックで哀愁を帯びていて、自由に気ままで、エスプリに満ちていて。。

 

今回来てみて、次の大いなる目標が生まれた。それはここで「月の出」を見る事。これは今までも様々な場所でやってきた事だけど、屋外の環境の中ではなかなか厳しい。だいたいが痺れるように寒く、快適なコンディションで見れる期間は、夏場のごく僅かだ。

 

でもここなら一年を通して、その「ぬくもり」の中で見、そしてまどろめる。

 

千倉、、やっぱりここは特別な場所。。

 

※月の出の編は、以下がお薦めです。
水面が奏でる月光のエチュード【秋田・田沢湖】

 

そして、偶発的な発見が生まれた。

昨夜見た瀟洒なフランス映画。それがこの土地で見るのにとても似合っていた。不思議なオーバーラップ感。。
実際、フランス映画には海辺のシーンが多い。「ベティブルー」も「男と女」もそう。

 

ふと、今は亡き父もフランス映画が大好きだった事を思い出す。。海辺のシーンの多いフランス映画。僕の生まれ故郷の鎌倉は、父が新潟から東京に来て初めて住んだ場所。東京まで遠距離通勤で通わなければならないのにと、ず~と密かな謎だった。

 

でも今回それが分かったような気がする。父がワザワザ離れた鎌倉に居を構えた理由が、その「海辺への憧れ」だったのかもしれないなぁ、と。

 

※鎌倉の編は、以下がお薦めです。
冬の陽だまりに咲く湘南ロード【チャリで逗子マリーナへ】

 

公式サイト【シーサイドイン・バードランド】

当ブログNAVI コロナ禍で、ますます「ソロ旅」が注目される中、僕はもう数十年も前から、この「ソロスタイル」で自由気ままに旅をしてきました。
そんな旅のエキスをオモチャ箱のように、ここに沢山散りばめられたらいいなと思います。そして見に来てくれた方の、何か、これからの「旅のキッカケ」になってくれれば、と。

 

ジャンルが多岐に渡るので「カテゴリー」ブロックを上手に利用し、是非気になるページを色々とサーフィンし、見て回って下さいね。ブログ全体を時系列で見るには【ブログ一覧】が便利で見やすいですよ。
基本週一で、日曜日の夕方から夜にかけて新作を入れてます。

 

詳しい当ブログのコンセプト【ソロ旅の新たな形を】にまとめてあります。
そして【コンタクトページ】から、もしお時間があれば、この旅のフォト(写真)ブログの感想をいただけると作者としても嬉しいです。

感想・お問い合わせ