美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2021-10-31湘南の鎌倉界隈

南南西に進路をとって【葉山という土地と「ラ・マーレ」の空気感】

以前、久しぶりに葉山でクルージングをした。この時で3回目。その内の一つは、作家の喜多嶋隆氏の船で。
実は僕、氏の小説の愛読者。特にCF愚連隊シリーズは粋だし、スカッとするよね!☆彡

 

僕も生まれが鎌倉だし、狂ったようにダイビングもしてきたし(笑)
もう「海」とは切っても切れない人生なので。だから東京に居ても、無性に潮風を感じてみたくなるのです。

 

そしてその後、葉山の老舗レストラン「ラ・マーレ」のオープンテラスでランチを。ゆったりと時間が流れ、たっぷりと充電できたかなっ。
そんな関東の、LAで言えばマリナ・デル・レイ:葉山という空気・イメージを感じてもらえれば☆[゜ー^]

 


久しぶりの葉山マリーナ。

 


天気は上々。さあ出航だ! どんどん陸から遠ざかり、大海原へと繰り出していく。

 


風も少しずつ透明になっていく。。

 


ヨットだと、更に風を感じられるだろうなと、目を細めて見守る。

 


ウインドサーフィンの躍動感を追うと、

 


全てがシンプルに解け合っていくのを感じる。

 


今日は特別な記念日。

 


この風の強い時期に、驚くほどのベタなぎ。最高のクルージングだった。(´ー`)v

 


このレストラン「ラ・マーレ」に来たのは、今回が初めて。

 


風の抜けも申し分なく、マブタに焼き付いている水色の残像が心地良い。

 


そして潮の香りが、どこからともなく漂ってくる。

 


器と盛り付けが、特に凝ってるねぇ。

 


料理は潮の町:葉山を意識した、創作フレンチといったところかなっ。海が目の前というシチュエイションが、最高のスパイスになっている♪

 


デザートはこれで一人分。甘さを抑えた軽いタッチなので、ペロリと(笑)

 


時間はゆっくりと進んでいき、ランチを終えた頃、すでに照明に明かりが。。

 


その後、海沿いに森戸海岸を散策してみる。。ゆったりとした、いい日だった。

 


どうです? 葉山という空気感、伝わりましたか?(´_ゝ`)y-~~~ 

 

 

感想・お問い合わせ