美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2022-09-24水族館 Aquarium

鴨川シーワールドは、シャチを間近で見れる、ビッグな水族館。


爽やかな潮風を感じながら海の動物たちを見たいなと思った時、必ず脳裏をよぎるのが、ここ鴨川シーワールドだ。ただ、「葛西」や「すみだ」等と違って、そう気軽には行けない。

 

帰りの電車も早いし、せっかく遠出して来た外房、旅感覚で「海」をじっくりと体感したい。なので、できたら1泊2日で「他」と抱き合わせで行くことが多い。

 

例えば千倉や南房で1泊して。。そこが日帰りでも充分な八景島シーパラダイスとは違うトコロ。この微妙な距離感の違い、ありますよね。

 


さて、この鴨川シーワールドの最大のお目当ては、やはりシャチ。その大きさと迫力には、いつも興奮してしまう(笑) ではシャチのショーの一部を3連続で。

 


巨大なシャチが宙を舞う。

 


落下の水飛沫が客席まで。これを浴びる為に、わざと前の方の席に座っているゲスト達の反応を見るのも楽しい。

 


そして、ショーの合間に水槽の中を覗いてみよう。ちょうど、シャチの赤ちゃんがお披露目時だった。
まるで「ぬいぐるみ」のように可愛い。

 


その「大きさ」の驚きに、何もかも忘れられる。頭の中も空っぽになる。

 


他にも、イルカやアシカのショーも必見。更に、屋内から見れるイルカの水槽シアターがいい。

 


スピード感たっぷりに泳ぐイルカに、癒されっぱなしだ。

 


この鴨川シーワールド、特に怪獣類が充実している。このアシカの飛ぶような泳ぎも、見ていて気持ちいい。

 


アザラシも愛嬌があるなぁ。

 


ベルーガも可愛いが、それ以上に神秘的で引き込まれる。

 


そして僕的には、「トロピカルアイランド」の入口の水槽が大好き。

 


凝った造りなので、まさにシュノーケルで浅場を泳いでいる感覚で見れる。

 


そして魚達の不思議な色彩に驚き、

 


形の妙に引き込まれ、

 


無垢な表情に癒され、

 


神秘的な模様にまどろむ。。

 


カクレクマノミもこれだけ居ると、ちょっとシュールだ。

 


水族館には必ずお気に入りの水槽がある。この、やや照明を落とした水槽がいい。ゾクッとする色彩の乱舞の皮膚感。

 


更に、向こう側の神秘なへのいざない。

 


そして見終わった後、「生」の海を見ながら、今日の鴨川シーワールドのシャチの余韻にゆったりと浸ろう。。。

 

感想・お問い合わせ