美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2022-06-26中部・東海(白川郷)

バガテル公園の、雨露で生き生きとしたバラの世界【東伊豆2】


このバガテル公園は、旅を計画している時に、たまたま知ったのだった。ちょうどバラの季節。最高のタイミングじゃないか!

 

特急踊り子号で、伊豆に向かっている時には雨が降っていた。予報では昼過ぎには晴れるという事で期待していたのだけど、残念ながら到着しても雨は上がらず。。傘をさしての鑑賞だ。

 

でも、これが何とも素晴らしい光景を生む事に。雨露の雫(シズク)で、更に潤いを増したバラの生き生きとした表情。

 

やがて雨も上がり、うっとりする気持ちで、一輪一輪その造形を見る事に没頭していく。。何とも心が洗われるよう。

 

今回は、そんな気分をお伝えできれば。

 


河津駅からシャトルバスで10分、バガテル公園に到着だ。

 

バガテルとはフランス語で「優雅」という意味。世界のバラ1,100品種、6,000株を誇るフランス式のローズガーデンだ。さすが、これまで見てきたバラ園の中でも、ひときわ規模が大きい。

 


バラには、何か優雅で独特の世界観が宿っている気がする。

 


さっそく、一輪一輪じっくり見ていこう。まずバラと言えば、基本のローズレッド。

 


中央が凝縮されたこの形が、最もバラらしいよね。

 


こう開いた形も、これはこれで愛らしい。

 


神々しいまでの存在感だ。

 


色彩の宴(ウタゲ)の中で。。

 


完全に開く前の、これぐらいも可愛らしい。

 


そしてバラの特徴としての、色彩の豊かさ。

 


黄とオレンジの中間という、色彩の際どさ。

 


これぐらいのツボミの状態も大好き。

 


そして何といっても、バラの良さはその香り。

 

花の中では気品があって、最も好きな香りだ。このちょっとブルーに寄った色彩の株が最も香りが強い。もう、いつまでも嗅いでいたい(笑)

 


更にバラの多様性。一輪の中での色彩の変化もある。さすが1,100品種を誇るバガテル公園。様々なバラが見れる至福。

 


この同系色の中での、何とも絶妙なバランス。

 


このダイナミックな変化も面白い。

 


基本の形から少しづつ離れていく、バリエイションの豊かさもバラの魅力。

 


深く深く、「薔薇の世界」に埋没していくのでした……。

 


途中、バガテル公園内のカフェでティーブレイク。このティーカップも洒落てるね。

 


そしてショップでバラのグッズを物色する楽しみも。全てがバラ一色に包まれた、いい一日だった。

 

やはりバラは「クイーン・オブ・フラワー」だなと改めて思う。では「キング・オブ・フラワー」は?
個人的には、その鋭角的な形と孤高の存在感から、「ハス(睡蓮)」かな?な~んて思っています。

 

感想・お問い合わせ