美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2020-11-21新・東京漂流

冬の日差しが透明な日、フラッと海を感じに♪【葛西臨海公園】

このあたりで、近場で好きなスポットを一つ取り上げてみましょう。
忙しくて缶詰状態・・・なかなか旅に行けないような時、フッと足が向くのがこの葛西臨海公園。

 

海方面で伊豆や房総となると、どうしても一日がかりか、一泊は欲しいところ。しかもある程度の計画も必要だ。三浦や鎌倉にしたって、それなりに。。その点ここは自宅からも近い。

 

気が向いた時に、自宅から僅か1時間半ぐらいで「海」と向き合える。僕にとっては、この東京のど真ん中で一番身近に海を感じられる所かなっ☆[^ー゜]

 

広々とした開放感があって、不思議な透明感もあり、何かとてもホッとできるのだ^^
冬の晴れた穏やかな日、海を感じ潮風にあたっていると、凝った心が解きほぐされていくのを感じる。

 

透明な水色の陽光を浴びて・・・。

 

初めての所もワクワクしていいけど、カッテシッタル「行きつけの場所」っていうのも、いいもんだよねっ♪

 

陽射しが心地いい「葛西臨海公園」。

 


駅を出て真っすぐ歩いていくと、真正面に「水」を感じさせる印象的な建物(クリスタル・ビュー)が現れる。このアッケラカ~ンとした感じが好きだ^^

 


そして少しずつ東京湾の海が見えてくる。このガラス越しっていうのも、何かワクワクさせてくれる☆彡

 

冬のガラスは、どこか暖かい。風を避けて、陽だまりを創ってくれるからかなっ♪

 


シンプルでサラットした造りが、まるで「水のオブジェ」のよう。

 


広々とした海は、いつ眺めてもいい^^ そして見るだけだったら、冬の海が一番心に染み入るのかもしれない。。

 


それはこの季節、昼間でも太陽は低い。だから斜光が水面をキラキラと輝かせてくれるからだ。まるで白昼夢のように・・・。

 


振り返ると、ガラスに映るシーンもとても良かった。
静かに散歩する人影が、なぜか優しく映る^^

 


夏? デジャブのように吸い込まれていく。。

 


鳴き声がするなと思ったら、メジロだった。この葛西臨海公園は野鳥の宝庫でもある♪

 


そしてツグミ。思わず顔がほころぶ(^◇^)

 


さて、そろそろここの本命:水族館に入るとするか。この入り口の、スカ~ンとしたシンボリックな建物も大好き^^ さしずめ、地上に突き出た「水のドーム」のよう♪

 

※水族館の中は、また後日アップします。

 


水族館を出ると、もう陽が傾いていた。海越しに見る東京という街。

 


キラッと、蜃気楼のように浮かび上がるビル群。。

 


夕陽は静かにあたりを染め抜いて、しずしずと沈んでいく。オレンジの波の光と共に・・・。

 

雲一つない快晴だったので、この日、山の稜線に沈む太陽がくっきりと見えた。まさに、「沈み行く」という形容詞がピッタリ!☆[^ー゜]

 

最後まで見届けよう♪

 


完全に沈み終わると、遠くの富士山がポッカリと現れた^^

 


葛西臨海公園のクリスタル・ビューの「水」も、赤く染まっていく。

 


そして気持ちは、ゆっくりと海の底に沈んでいくのだ。一日という、光のサイクルを見届けた事に満足しながら・・・。

 

こんな風に陽光が爽やかな冬の日、たまには足元を照らすのもいい。

 

企画やプロデュース、デザインやコピーライティングが僕の主な仕事。でもそれとは別に、このブログのように「何ものにも束縛されない自由気ままな表現」って、とっても楽しい事。
クリエイター冥利に尽きる!☆[^ー゜]

 

そして自分の中に閉まっておくだけではなく、様々な方に「感じたもの」「フッとした発見」を伝え、共有できたらいいなぁって思う^^ 今後も是非遊びに来て下さいね~ヽ(´ー`)ノ

 

ワンポイント
園内は広いので、葛西臨海公園駅でレンタサイクルを借りるのがお薦め。

 

公式サイト【葛西臨海公園】

 

関連ページ【葛西臨海公園で「観覧車」というノスタルジーに包まれる。】

 

当ブログNAVI コロナ禍で、ますます「ソロ旅」が注目される中、僕はもう数十年も前から、この「ソロスタイル」で自由気ままに旅をしてきました。
そんな旅のエキスを、ここに沢山散りばめられたらいいなと思います。そして見に来てくれた方の、何か、これからの「旅のヒント・キッカケ」になってくれれば、と。

 

「カテゴリー」を上手に利用し、是非気になるページを色々とサーフィンし、見て回って下さいね。ブログ全体を時系列で見るには【ブログ一覧】が便利で見やすいですよ。
基本週一で、日曜日の夕方から夜にかけて新作を入れてます。

 

もしお時間があれば【コンタクトページ】から、この旅のフォト(写真)ブログの感想をいただけると作者としても嬉しいです。

感想・お問い合わせ