美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2021-08-08水族館 Aquarium

フッと水中の生物達に出会いたくなったら【葛西臨海水族園】

今回は、つい先日行った葛西臨海水族園を。もうここへは数えきれないほど行っている。ただ今回は、このブログ用にと新たに写真を撮ったし、文章も書きおろしなので、自分にとってもフレッシュだ。

 

『困った時の葛西頼み』 この言葉が、こことの関係を如実に表している。日帰りでたっぷりと楽しもうと思ったら、当然早起きし、電車のアクセスも最良に計画して、早めに出かけたい。

 

ただそうなると、もう前日から計画を練り、スタンバラないと。でも忙しくて、なかなか計画を立ててる時間がない場合もある。そんな時こそ、まさにこの「葛西頼み」なのだ(笑)

 

普通に起きて10時過ぎにゆっくりと出かけても、11時過ぎぐらいには到着する。レンタサイクルを借りて、まずは公園内で潮風に当たる。そして午後2時過ぎに水族園に入って、終了の5時までたっぷりと魚達を見る。
その後は、公園内の気に入った場所に落ち着いて、海を眺めながらゆっくりと夕暮れBAR。

 

近場でも、もうこれだけで気持ちは満足し、心がほぐれていく。だから「葛西様様」(笑)

 


今回来てみたら、駅のホームが一新されていて、より水族園ムードになっていた。

 

そして前から建設中だった駅モールも完成していた。スタバやアウトドアショップもオープンしていて、より駅前が華やかに。以前はマクドナルドと蕎麦屋しかなくて、ソッケナカッタだけに。。

 


これが葛西臨海水族園の入口だ。このモニュメントのムードは抜群。これから海の中へ入っていくよ感があって。

 


水を張ったプールと海との一体感。そしてヨットに見立てたタープとのバランスに、とてもセンスが感じられる。

 


15分に一回の噴水ショーも、必ず見ておきたい。

 


さあ中へ入ってみよう。まずは世界の海の水槽コーナー。海洋エリアによって分かれているので、ダイバーの僕にとっても興味津々。陸上と同じように、海の中もエリアごとに様々な変化を見せるのだ。

 

いつもながらこのタマカイ(巨大ハタ)には圧倒される(@_@;)

 


魚たちの色彩と造形の個性には、ただただ見惚れてしまう。

 


このヘラヤガラにも。

 


こんな顔のお爺さんて、いるよねぇ。

 


ここらでちょっと箸休め。今回は、水中を飛ぶように泳ぐエピトリカの動きにとても引き込まれた。

 


白のドレスを身にまとったミノカサゴ。とってもゴージャス。

 


ひょうきんなハリセンボン。

 


これだって負けていない。

 


これはモーリシャスの海域。いつもここの固有種「ゼブラエンジェル」に見とれてしまう。世界中の海を潜ってきた僕も、この海域だけには行っていない。だから当然この種はまだ見ぬ憧れ。

 

他のどの魚とも違う、圧倒的な個性と優雅さ。更にこれはオスで、メスはこのゼブラ柄はなく、全体に白。ただ尾にオスにはない黒の横長のラインが2本入っていて、これがまた美しいのなんのって(^-^)

 


そして、いよいよこの葛西臨海水族園の最大の売り、マグロの大水槽。

 


その迫力に、ただただ。。

 


北米モントレー湾の水槽。ここだけは個室っぽくなっていて、別世界。ユラユラと海藻が揺れ、その動きに魚達が同調し、BGMともシンクロした何とも優雅な演出。

 


1時間でも見ていて飽きないだろう。

 


今回は、このタコの動きが秀逸だった。

 


まるで水中の忍者だ。

 


そして最後に、僕の大好きな水槽を。足元まで見えるのと、光の入り込み方が絶妙で、まるでこの中でシュノーケリングしているかのような錯覚におちいる。思い入れの深いウメイロモドキがベースで、そこにカメや様々な熱帯魚が、動きと色彩の臨場感を演出してくれる。

 

速足で紹介したけど、これ以外にもハンマーヘッドの水槽やペンギンのコーナー、淡水魚館など、盛りだくさん。
この葛西臨海水族園はイルカショー等はなく、あくまで魚達をどう見せるかに主眼を置いている。そのアカデミックな感覚がまたいいのだ。

 


最後に帰り際の駅のホーム。ライトアップされた観覧車とマグロのパネルが、いいコラボレーションをしていた☆[゜ー^]

 

※臨海公園の方は、以下のページで語ってますので、是非。

 

冬の日差しが透明な日、フラッと海を感じに♪【葛西臨海公園】

 

葛西臨海公園で「観覧車」というノスタルジーに包まれる。

 

当ブログNAVI コロナ禍で、ますます「ソロ旅」が注目される中、僕はもう数十年も前から、この「ソロスタイル」で自由気ままに旅をしてきました。
そんな旅のエキスをオモチャ箱のように、ここに沢山散りばめられたらいいなと思います。そして見に来てくれた方の、何か、これからの「旅のキッカケ」になってくれれば、と。 

ジャンルが多岐に渡るので「カテゴリー」ブロックを上手に利用し、是非気になるページを色々とサーフィンし、見て回って下さいね。ブログ全体を時系列で見るには【ブログ一覧】が便利で見やすいですよ。
基本週一で、日曜日の夕方から夜にかけて新作を入れてます。

 

詳しい当ブログのコンセプト【ソロ旅の新たな形を】にまとめてあります。
そして【コンタクトページ】から、もしお時間があれば、この旅のフォト(写真)ブログの感想をいただけると作者としても嬉しいです。

感想・お問い合わせ