美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2021-09-05水族館 Aquarium

すみだ水族館は、青い光の中の、まるでアクアBARのようだ。

さて、この「すみだ水族館」も、都心のアクア・スポットとしては外せない。それ程の存在感がある。自然光が全く入らない造りというのも、ここだけ。その分、館内全体が照明を落とした、まさにブルーライトBARの趣(オモムキ)。

 

そこで、つい先日も行ってきました。夜間もやっているので、スカイツリータウン周辺の観光と併せて、一日コースとして楽しめる。

 

入ってすぐの淡水魚コーナー。ここだけ、明るい水草のグリーンの味わい。

 

緑の中で煌めく、色とりどりの魚たち。

 

そして、この「すみだ水族館」はクラゲにもチカラを入れている。

 

ミズクラゲの水槽も、足元に広がる平造りにリニューアルされていて、迫力満点。

 

まさに「夢幻」の世界だ。

 

これはタコクラゲ。星くずの中の「宇宙」を感じる。

 

何とも神秘的。「妖艶」が脈動する。

 

スケルトンの水槽で、こんな不思議なシチュエイションも。

 

ナポレオン君は、どこの水族館でもヒョウキン者だ。

 

ペンギンコーナーで、花火のイメージのマッピングショーをやっていた。『ド~ン!』という音と、花火の光が水面に炸裂する。

 

そこをユーモラスに横切るペンギンたち。何とも洒落た演出。

 

更にこの「すみだ水族館」、金魚のコーナーも充実している。

 

もう一つの「妖艶」。

 

水面のユラギ。

 

金魚たちの躍動。

 

そして命の神秘。

 

これは江戸時代の金魚屋台だ。

 

最後に大水槽。

 

僕はこの一角で、いつも酒を片手に、ボ~っとマドロんでいる。海の底にまるで自分が沈んでいるかのごとく。。

 

すみだ水族館を出ると、ライトアップされたスカイツリータワーが、そびえ立っているのもいい。

 

そしていつもこう思う。東京周辺には強烈で刺激的な「心のオアシス」が沢山ある。このままブラブラと散歩しながら家路に就けたらなぁ、と。でも現実はこの後、満員の通勤電車で帰らねばならない。。これさえなければ。。。(苦笑)

 

もし贅沢できるのなら、旅感覚で美味しいものを食べて、近くの夜景の綺麗なホテルに一泊。翌日はモーニングビュッフェをゆったりと。そして昼間の空いてる電車で優雅に帰ってくるなんて、いいよねっ♪

感想・お問い合わせ