美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2021-10-18北海道(トドワラ)

坂道をそぞろ歩く、ぶらり元町、秋の風【函館・前編】

さて、今回は以前の同じ時期に訪れた函館。ちょうど、前回の大沼と抱き合わせで行ったのです。この旅は何て言ったらいいのだろう、、まさにピンポイントの旅かな。
ここしか4日間の休みが取れないという日程の中、全国的に天気が悪く、おまけに台風が近づいている。 ̄○ ̄;)

 

でも、満月の2日後、久しぶりに月と対峙したい。。天気予報を見ると、不思議と函館近辺のみが晴れマーク。これは南北に細長いこの国ではよくある事で、晴天に向かって旅を計画し、実行できるのが嬉しい(^◇^)

 

よし!決行だ!! 実は前から函館で月を見たかったのだ。この地は2度目。ただ前回はかなり前で、駆け足で回ったので、今回はじっくりと見て回りたかった。

 

好きな「街」だ。それもかなり^^ 日本の中で、もしかしたら3本の指に入るかもしれない。今回改めてそう思った。「村・町・街」のくくりは微妙だけど、少なくとも「街」というくくりの中では。

 

華やかさ、賑わい、静寂、落ち着き、ゆとり、港、潮風、レトロ、ハイカラ、伝統、モダン、前衛。。
新旧と両極が入り混じり、心地良く融合している。しかも、「食文化」も豊かで、気候も北海道の中では最も穏やかだ。

 

ほとんど初訪ともいえるので、「ディープな函館」は、また次の機会に。まずは、有名なポイントを押さえながら散策し、徐々に自分なりに発見し、イメージの「切り取り」をしていこう♪

 


坂の街、函館。。まずは映画のロケでもよく使われるという八幡坂を登っていく。なるほど、、確かに吹き抜ける「空気感」がいい。

 


ハリストス教会。とりあえず、まずは押さえでねっ^^ 薔薇と青空とのコントラストが、鮮やかだねぇ。絵に描いたようなバランス。そして秋晴れ。。それが力強く旅情をかき立ててくれる☆彡

 


数ある坂の中で、僕が一番気に入ったのが、この大三坂。瀟洒で、ホッとするような趣がある。

 


そこを更に登っていくと、チャチャ登りの坂になり、聖ヨハネ教会を見下ろせる。まるで空に浮かぶように建っていた。。

 


そして、旧公会堂。個性的な色彩で、元町のシンボルのような建物だ。

 


団体さんを避ければ、静かで適度な観光客数。落ち着いた散策。。国内旅行は、今、驚くほど面白い!♪

 


さて、ここからは自分の眼と勘だけで、「!?」を感じ、心に引っかかったモノだけを見て歩こう。僕はガイドブックはけっこう参考にするのだけど、余りチェックしすぎると面白くない。やはり、{発見!?」の喜びを大事にしたいから。

 


これは今回、最も気に入ってるワンショット。ただの店の壁なのだけど、窓ガラス一枚一枚に色の違ったブラインドが。

 

ん~、「函館」を感じるなぁ♪

 


これもいい! 普通の民家の二階の出窓なのだけど、ガラス瓶を並べた遊び心が、いいなぁ。

 


これは、とあるカフェの入り口。黒板に白墨で店名、、なんとも粋だねぇ。☆.*°

 


そんな中にも、「モダン」が共存しているところがいい。カフェ・ペルラ。この空間、この圧倒的なゆとり。。

 


さりげない一杯のコーヒーだけで、なんと贅沢な空間を手に入れられるのだろう……。

 


ふと、甘いものが食べたくなったので、何店か物色して、一番「ピン!」とくる店に入った。

 


昔の民家をそのままカフェにした創りの店だ。とても落ち着くし、レトロな飾り物もしっかりと吟味されている。まさに知り合いの家で、ちょっとお茶する感覚♪

 


函館という街の低力、懐の深さ、揺るぎないゆとり。。。後でガイドブックを見たら、「茶房・菊泉」という有名店である事が分かった。

こういうのもいいよねっ^^ 帰ってからガイドブックを再度読むと、『あっ、ここだ!』ってなるから、二重に楽しめるのです。

 

更に坂の風情やお店を物色しながらブラブラする。海を見下ろせるから、いつでも風が吹きぬけていく爽やかさがある☆彡 そこに、函館のハイカラ文化の下地があり、それぞれの店が、思い思いに個性を出している自由さがある。それが、とても心をウキウキさせるのだ♪

 

これなんか、「ヒゲ面のお爺さん」に見えるぞ!(笑)

 

今回、ガイドブックに載っていない、ベイエリアの反対側の海岸べりを散策するつもりだった。いつだって、未知の領域に一番興味がある(@_@;) ただ時間がなく、一軒のちょっと面白そうな店を発見しただけに終わった。。

 

次来る時は、この地を更にディープに自由に散策してみよう! この後、夕暮のベイエリア~函館山の夜景と月の出を迎える。続きは次回で。

 

やっぱりいいなぁ、北海道は! この地に立つと、すっと、すぐに馴染んでしまう。そして、リラックスしている自分を発見するのです☆[^ー゜]

 

後編に続く。

 

感想・お問い合わせ