美しい写真でつづる旅行ブログ|旅と癒しのフォトギャラリー

旅と癒しのフォトギャラリー

2022-08-30月光:ムーンライト

実録「月の入り」の瞬間!【月と共に旅した北海道】前編

思えば、美大を出て最初に入社したのが、JTBとJRの広告代理店。旅の仕事がしたくて、デザイン、コピーライティング、写真、ディレクション、、全てのアートにかかわる事に、旅を通して邁進していった日々。

 

当然、撮影で様々なロケ地を回った。どのポイントが一番イメージを具現化できるかと。
ちなみにかなり前になるけど、JTBの50周年記念のポスターは、僕が企画しデザインし、奥日光へロケに行ったのでした。

 

それ以来、「ロケハン」的なスタイルが、僕の旅のスタイル♪ とにかくフットワークを軽くする事。無頼的に彷徨う事。現地に自ら立ち、足を棒にし、空気の匂いを嗅ぎ、風を読み、光を感じ、水の流れをすくう。

それは今までに無い、何か「新しい芽吹き」、「新しい価値観」を希求し、発見していく事にも通ずるのかもしれない。

 

故:星野道夫氏のエッセイの中で、一番印象に残っているのが、1ヶ月近く、極寒の無人の荒野で、一人オーロラを撮影するくだり。それも、バックにマッキンレーを入れて写真に収めようという究極のこだわり。

 

その過酷な状況の中で氏は、『どうしてこんな事をしているのだろう・・・』と、常に自問自答していた。そのくだりが良かった。

 

奇跡的に撮れた写真以上に、僕にはその「過程の記録」こそが、「珠玉の作品」のような気がする。
『見たい!』と思う気持ちには、理屈なんてない。それは、結果はどうあれ、「生きている実感」を一番感じる、「時空の流れ」だからだ。

 

そんな風に思う僕のプライベートな旅のフォト日記を、皆さんに見てもらえて、とっても嬉しく思います。何となく始めた、この独自のスタイルだけど、何か「表現されたかな~」なんて思う時が、たま~にあるのですよ♪

 

そんなフォト日記に、純粋に反応してもらえるのも、いいもんですねぇ。これからもどうぞよろしくお願いします。

 

さて、今回は前回の「夏海道ダイジェスト」からワンテーマを抽出して、奇跡のような「月の入り」の、決定的な瞬間! それを、ちょっとドキュメンタリータッチで構成してみました。

 

僕の旅は、常に「月と共に」あるのです。それは、例えば太陽が、自然の状態の中では、全面的に「見える現象」を支配していて、意識しようがしまいが、当然「太陽と共に」が決定付けられている。

 

ここに、意識しないと見えてこない「月」の存在を入れていく事で、ぐっと旅に深みが出てくる

 

そして、日常の中では、なかなか見えてこない、シュールで甘美なシーンと出会えるのです♪  時には妖しく、時には哲学的に、時にはハッと息を呑むほどに・・・。

 


初日の洞爺湖は、穏やかに晴れ渡っていた。この日は、月齢4.1。西の空にやや膨らんだ三日月が。

 


英語でクレッセント、、僕も大好きな三日月。空気が澄んでいるせいか、ひときわ鮮やかに自己主張していた。

 


中央に鋭く置いてみよう。闇を切り裂くように、シャープに。

 


そして、自由に、孤高に、凛として・・・。

 


地球照(地球の反射光で、影の部分がうっすらと見える現象)も、くっきりと見える。

 


満月の頃以外は、月の出ている時間も僅かだから、ニセコ、八雲では、他のテーマに時間を取られ、なかなか意識できなかった。だが、この6日目の熊石では、夕暮の後、しっかりと視野に入ってきた。月齢9.1。半月よりもやや膨らんだ月が、美しく浮かんでいた。

 


奇岩雲石のホコラに、優しく据えてみる。そして、「何か」を感じてみよう。

 


夜はけっして闇の世界ではない。月の光はいい。優しさがある。 人工の光はどうあがいても、所詮人工の光。「生きている光」ではないですものね^^

 


で、いよいよ当日。島牧の町は西側が開けてないので、どんどん北上し、コロアイのいい夕暮ポイントを見つけた。
ここで、「日の入り」から「月の入り」へと。同じ西側の、この美しい天空の営みを比較して見てみるのもいいかと。夕暮からドキュメントをスタートさせます。

 


海面をも、クリムソンに染めていく。日本海らしく、ディープでダイナミックな色彩!


反対側を振り返ると、夕陽を受けて、町も静かに染まっている。

 


そして、一瞬の光のパフォーマンス。やや雲があるが、水平線にくっきりと沈んでいくのが見て取れた。西側に、こんなに雲がないなんて、滅多にない!

 

今日は月齢10.1。と、言う事は、昨日よりも更に膨らんだ月が水平線に沈む、その「決定的瞬間」が見れるかもしれない! 

 

※後編に続く

 

感想・お問い合わせ